徳大寺公全

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

徳大寺 公全(とくだいじ きんたけ、延宝6年7月10日1678年8月26日) - 享保4年12月2日1720年1月11日))は、江戸時代中期の公卿。主に東山天皇(113代)・中御門天皇(114代)の二帝にわたり仕え、官位は正二位内大臣まで昇った。父は権大納言醍醐冬基。母は権大納言藪嗣孝の娘。養父は内大臣徳大寺実維。正室は関白近衛家熙の娘・徳君、のち継室として対馬藩宗義真の娘。子に権大納言徳大寺実憲がいる。

天和2年(1682年)に叙爵して以降清華家当主として速い速度で昇進し、侍従左近衛少将左近衛中将などを歴任し、元禄5年(1692年)に従三位となり公卿に列する。権中納言踏歌節会外弁を経て元禄12年(1699年)に権大納言に就任。元禄13年(1700年)から宝永元年(1704年)にかけては神宮伝奏をつとめ、正徳2年(1712年)から享保4年(1719年)にかけては武家伝奏をつとめた。享保4年(1719年)には内大臣に任じられた。