徳大寺公弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
徳大寺公弘

徳大寺 公弘(とくだいじ きんひろ[1]1863年9月26日文久3年8月14日[1]) - 1937年昭和12年)1月4日[1])は、明治から昭和期の華族正二位[2]貴族院公爵議員

経歴[編集]

山城国京都徳大寺実則の長男として生まれる[1][3]1885年(明治18年)外務省御用掛となり、さらに明宮(大正天皇)勤務となった[2][3]1887年(明治20年)イギリスに留学[2]。父歿後、1919年(大正8年)6月30日に公爵の爵位を襲爵し[4]、貴族院公爵議員に就任[5]火曜会に属して活動し、死去するまで在任した。1937年(昭和12年)1月4日薨去。享年75歳。墓所は父と同じく多磨霊園である。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『平成新修旧華族家系大成』下巻、174-175頁。
  2. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』10頁。
  3. ^ a b 『人事興信録』第10版 下、ト37-38頁。
  4. ^ 『官報』第2072号、大正8年7月2日。
  5. ^ 『官報』第2073号、大正8年7月3日。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第10版 下、1934年。


日本の爵位
先代:
徳大寺実則
公爵
徳大寺家第2代
1919年 - 1937年
次代:
徳大寺実厚