徳大寺実厚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
徳大寺実厚

徳大寺 実厚(とくだいじ さねあつ、1887年明治20年)12月10日[1] - 1970年昭和45年)3月15日)は、日本華族正四位徳大寺公弘の長男。東山天皇男系八世子孫である。戸籍上の表記は德大寺 實厚

経歴[編集]

東京府出身。麹町小学校卒業。1932年(昭和7年)に昭和天皇侍従となり、掌典長を務める。1937年(昭和12年)から貴族院公爵議員。戦中は陸軍騎兵中佐に任じられた。1946年(昭和21年)5月9日、貴族院議員を辞職[2]公職追放となる[3]

戦後は平安神宮宮司などを務める。家督を継承している徳大寺公英美術評論家としての顔も持つ。

親族[編集]

系譜[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東山天皇
 
中御門天皇
 
桜町天皇
 
桃園天皇
 
後桃園天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直仁親王
 
典仁親王
 
光格天皇
 
仁孝天皇
 
孝明天皇
 
明治天皇
 
大正天皇
 
昭和天皇
 
太上天皇
 
今上天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鷹司輔平
 
鷹司政煕
 
鷹司政通
 
鷹司輔煕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
德大寺公純
 
德大寺實則
 
德大寺公弘
 
德大寺實厚
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

脚注[編集]

  1. ^ 平成新修旧華族家系大成』下巻(霞会館、1996年)p.175
  2. ^ 『官報』第5803号、昭和21年5月22日。
  3. ^ 公職追放の該当事項は「正規陸軍将校」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、670頁。NDLJP:1276156 
  4. ^ a b 八幡和郎「今上天皇に血統の近い知られざる『男系男子』たち」『新潮45』36巻1号、新潮社2017年1月18日、42頁。

関連項目[編集]


日本の爵位
先代:
徳大寺公弘
公爵
徳大寺家第3代
1937年 - 1947年
次代:
華族制度廃止