徳大寺実淳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
徳大寺実淳
時代 室町時代後期 - 戦国時代
生誕 文安2年5月17日1445年6月22日
死没 天文2年8月24日1533年9月12日
改名 実淳→忍継(法名)
別名 号:禅光院
官位 従一位太政大臣
主君 後花園天皇後土御門天皇後柏原天皇
氏族 徳大寺家
父母 父:徳大寺公有、母:高倉永豊娘
兄弟 実淳、空覚、三条公敦室、
足利義尚側室、細川教春室、烏丸益光室
維子公胤日野内光久我通言
テンプレートを表示

徳大寺 実淳(とくだいじ さねあつ)は、室町時代後期から戦国時代にかけての公卿右大臣徳大寺公有の子。官位従一位太政大臣。号は禅光院。法名は忍継。

経歴[編集]

文安2年(1445年)、誕生。寛正3年(1462年8月5日、叙従三位文明13年(1481年)に内大臣(1481年 - 1485年)となる。文明17年(1485年5月4日、叙従一位

長享元年(1487年)に左大臣(1487年 - 1493年)となる。永正6年(1509年)に太政大臣(1509年 - 1511年)となる。永正8年(1511年8月21日に出家。

天文2年(1533年)に薨去。

系譜[編集]

関連項目[編集]