徳大寺実盛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
徳大寺実盛
時代 室町時代
生誕 応永7年8月5日1400年8月24日
死没 応永35年4月23日1428年6月6日
官位 正二位権大納言
主君 後小松天皇称光天皇
氏族 徳大寺家
父母 父:徳大寺公俊
持明院基親の娘
公有、教覚、尊任
テンプレートを表示

徳大寺 実盛(とくだいじ さねもり)は、室町時代の公卿。官位は正二位権大納言

経歴[編集]

応永11年(1404年)叙爵。以降累進して、侍従右近衛少将加賀介右近衛中将播磨介となり、応永21年(1414年)に従三位となり、公卿に列する。権中納言をへて、応永28年(1421年)に権大納言に任じられる。応永35年(1428年)に踏歌節会内弁をつとめたが、同年に薨去。享年29。

系譜[編集]

関連項目[編集]