徳山ステーションビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
徳山ステーションビル
(徳山駅ビル)
West Japan Railway - Tokuyama Station - 02.JPG
徳山駅ビル(周南市市民交流センター時代)
店舗概要
所在地 山口県徳山市御幸通二丁目28[1]
開業日 1969年(昭和44年)10月3日
閉業日 2001年(平成13年)7月10日[注 2][2]
施設所有者 徳山ステーションビル株式会社、日本国有鉄道、他

徳山ステーションビル株式会社、西日本旅客鉄道、他

徳山市西日本旅客鉄道、他
敷地面積 1,730[1]
延床面積 6,587[1]
商業施設面積 1,840[注 1][2]
店舗数 50[1]
後身 徳山市市民交流センター

周南市市民交流センター

周南市徳山駅前賑わい交流施設
テンプレートを表示

徳山ステーションビル(とくやまステーションビル)は、かつて山口県徳山市(現・周南市)に存在した西日本旅客鉄道(JR西日本)徳山駅駅ビルである。愛称はとくやま駅ビルトークス。通称は徳山駅ビルであった。

概要[編集]

徳山空襲を免れた先代駅舎に変わる民衆駅として、1969年(昭和44年)10月に開業。中国地方では広島駅についで2番目と、日本国内でも古くから存在する駅ビルの一つであった。

当時の徳山駅周辺は大型商業施設の開業が続いており(周南市中心市街地の項を参照)、徳山駅周辺の商業発展の象徴の一つであった。

管理・運営は、当時の徳山市と地元有力企業16社によって設立された第三セクターの徳山ステーションビル株式会社が担った[1]

店舗[編集]

建物は鉄筋コンクリート造りの地上3階(一部4階)、地下1階のビルで、1階部分が駅舎(在来線改札口)となっていた[1]

開業当初の店舗構成は、地下に食料品店とみやげ店、1階に食堂、2階は衣料品店と日用雑貨店、3階は飲食店街、4階に遊技場というものであった[3]

ビル屋上には、巨大なアサヒビールのネオン広告が設置されていた。

閉店とその後[編集]

1994年(平成6年)以降、郊外型大型店の進出などを背景にテナントの撤退が相次ぎ、1999年(平成11年)6月には全体の3分の1近くが空きテナントという状況になった[4]。翌年の2000年(平成12年)4月に、運営会社(徳山ステーションビル株式会社)が解散に至った[1]

2001年(平成13年)2月に、2階以上(3,412m2)を徳山市が取得し、10月より「徳山市市民交流センター」(のちに周南市市民交流センターに改称)として再スタートした[1]

市民交流センター[編集]

  • 市民活動支援センター
  • 会議室
  • ビジネスサポートコーナー
  • 図書コーナー
  • 市民多目的広場

その後10年以上にわたり、市民交流センターとしての運営が続いたが、徳山駅の橋上駅舎化に伴い、本施設が解体されることとなった。2014年(平成26年)9月6日に駅改札が橋上駅舎に移転し、2015年(平成27年)3月21日に市民交流センターが閉館[5]2016年(平成28年)2月までに解体が完了し、46年の歴史に幕を下ろした。

跡地には、市民交流センターの後継施設となる周南市徳山駅前賑わい交流施設(通称・徳山駅前図書館)が整備された。

歴史[編集]

  • 1968年(昭和43年)5月 - 徳山ステーションビル株式会社が設立、着工。
  • 1969年(昭和44年)10月3日 - 開業。
  • 2000年(平成12年)4月 - 徳山ステーションビル株式会社が解散。
  • 2001年(平成13年)2月 - 徳山市が2階以上を取得。
  • 2003年(平成15年)4月21日 - 周南市市民交流センターに改称。
  • 2014年(平成26年)9月5日 - 在来線駅舎が橋上駅舎に移転。
  • 2015年(平成27年)3月21日 - 周南市市民交流センター閉館。
  • 2016年(平成28年)2月 - 解体完了。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 廃止時点。
  2. ^ 大規模小売店舗立地法第6条5項に基づく廃止届出日。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h (pdf) 新たな徳山駅ビル整備基本構想, 周南市, https://www.city.shunan.lg.jp/uploaded/attachment/15731.pdf 2018年8月12日閲覧。 
  2. ^ a b (xls) 大規模小売店舗立地法届出状況(2018年7月末), 山口県, http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cmsdata/e/d/6/ed6658553aebe19f8ddf77e4c18b5ec1.xls 2018年8月12日閲覧。 
  3. ^ 写真アルバム 周南・下松・光の昭和 樹林社 196頁
  4. ^ (pdf) 徳山市中心市街地活性化基本計画, 徳山市, https://www.city.shunan.lg.jp/uploaded/attachment/21980.pdf 
  5. ^ 峰下喜之(2015年3月22日). “徳山駅ビル:閉館 46年の歴史に幕”. 毎日新聞 (毎日新聞社)

関連項目[編集]