地域医療機能推進機構徳山中央病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
地域医療機能推進機構 > 地域医療機能推進機構徳山中央病院
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 徳山中央病院
情報
正式名称 独立行政法人地域医療機能推進機構 徳山中央病院
英語名称 Tokuyama Central Hospital
前身 徳山海軍共済組合病院
標榜診療科 内科、循環器内科、消化器内科、神経内科、血液内科、糖尿病内分泌内科、小児科、外科、小児外科、脳神経外科、整形外科、リウマチ科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、麻酔科、ペインクリニック内科、心臓血管外科、歯科、歯科口腔外科、緩和ケア内科、精神科、救急科
許可病床数

494床
一般病床:482床


感染症病床:12床
職員数 894名
機能評価 一般200床以上500床未満:Ver5.0
開設者 (独)地域医療機能推進機構
管理者 那須誉人(10代目病院長)
開設年月日 1946年4月
所在地
745-8852
山口県周南市孝田町1番1号
位置 北緯34度2分51秒
東経131度50分2秒
二次医療圏 周南
PJ 医療機関
テンプレートを表示

徳山中央病院(とくやまちゅうおうびょういん)は山口県周南市にある病院である。下松市光市・周南市の3市で構成される周南保健医療圏の災害拠点病院に指定されている。地元では「とくちゅう」と呼ばれ、2017年夏創刊の広報誌においても「職員対象の広報誌であった『徳中すまいる』」、「徳中広報誌Smile」、「徳中の循環器内科」などと自称している。

沿革[編集]

  • 1946年(昭和21年)4月 - 山口県社会保険協会を経営主体とする健康保険徳山中央病院として、山口県徳山市浦石(現・周南市速玉町)に、一般病床45床、結核病床30床、合計75床で発足。
  • 1958年(昭和33年)9月 - 経営主体が、全国社会保険協会連合会(全社連)に統合される。
  • 1960年(昭和35年)6月 - 総合病院の承認を受けて、病院名を「綜合病院社会保険徳山中央病院」と改称。
  • 1976年(昭和51年)5月 - 現在地に新築移転。一般病床310床、伝染病床50床。
  • 2010年(平成22年)11月1日 - ヘリポートを備えた新棟(SRC造地上11階、建築面積約3,200平方メートル、延床面積約22,300平方メートル)が運用開始[1]
  • 2011年(平成23年)4月1日 - 救命救急センターを設置[2]
  • 2014年(平成26年)4月1日 - 病院運営が全国社会保険協会連合会から独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)へ移行され、病院名を「独立行政法人地域医療機能推進機構 徳山中央病院」と改称。

診療科目[編集]

一般施設[編集]

脚注[編集]

交通アクセス[編集]