徳島ヴォルティス・セカンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
徳島ヴォルティス > 徳島ヴォルティス・セカンド
徳島ヴォルティス・セカンド
原語表記 徳島ヴォルティス・セカンド
呼称 ヴォルティス・2nd
クラブカラー     
創設年 2002年
解散年 2010年
ホームタウン 徳島県徳島市
ホームスタジアム 徳島市球技場
収容人数 5,600
■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ

徳島ヴォルティス・セカンド (とくしまヴォルティス・セカンド、Tokushima Vortis Second) は、かつて存在した日本のサッカークラブ。日本プロサッカーリーグ (Jリーグ) に加盟する徳島ヴォルティスのセカンドチームとして活動していた。

概要・歴史[編集]

2002年、徳島県サッカー協会が中心となって徳島フットボールクラブ・カバロス2002として結成された。ホームスタジアムは徳島市球技場。チーム名は2002年が壬午年であったことから、スペイン語で「馬」を意味する caballos から命名された。

2004年に徳島県サッカー協会の社団法人化を機に「徳島スポーツクラブ・カバロス」が発足し、総合スポーツクラブとしてサッカー以外へも活動範囲を広げた。なお、徳島スポーツクラブ・カバロスはトップチームのJリーグ入会を目指していたが、2005年3月に徳島ヴォルティスへトップチームを譲渡した。

これに伴って2005年4月8日付で名称を「徳島ヴォルティス・カバロス」 (Tokushima Vortis Caballos)へ変更し、第1種(社会人・大学生チーム)登録のアマチュアチームとして、トップチームとユースチームの間に位置することとなった。

2006年2月5日に四国リーグ入れ替え戦に勝利し、四国サッカーリーグ昇格を機に、徳島ヴォルティス・カバロスから「徳島ヴォルティス・アマチュア」 (Tokushima VORTIS Amateur) に名称を変更した。また、2006年に天皇杯全日本サッカー選手権大会に初めて出場した。

2008年3月1日付でチームとしての位置づけを明確化するため「徳島ヴォルティス・セカンド」に名称変更を行った。なお、ヴォルティスはJサテライトリーグにも参加し、トップ・サテライトに次ぐ第3位のクラスであったが、2009年にJサテライトリーグが廃止されたため、事実上セカンドが第2位のクラスとなっていた。

2010年12月末で活動休止。ヴォルティスのサテライトチームは四国リーグへの代替参加はせず、中四国サテライトリーグに参戦していた。

なお、セカンドの休止後も「徳島スポーツクラブ・カバロス」は活動しており、2013年4月には特定非営利活動法人として認証された。

チーム成績・歴代監督[編集]

年度 所属 試合 勝点 得点 失点 順位 天皇杯 監督
2002 徳島県3部B 12 36 12 0 0 103 4 +99 優勝 県予選敗退 日本の旗 坊野竜也
2003 徳島県2部 13 28 9 1 3 56 22 +34 2位
2004 徳島県1部 11 25 8 1 2 46 11 +35 優勝
2005 11 29 9 2 0 51 7 +44 優勝
2006 四国 14 18 5 3 6 30 30 0 5位 1回戦敗退 日本の旗 福島義史
2007 14 40 13 1 0 92 7 +85 優勝 2回戦敗退 日本の旗 東泰
2008 14 35 11 2 1 68 5 +63 2位 3回戦敗退
2009 14 40 13 1 0 62 7 +55 優勝 1回戦敗退
2010 14 34 11 1 2 47 10 +37 2位 1回戦敗退

関連項目[編集]