徳島市立文化センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
徳島市立文化センター
Tokushima Municipal Culture Center01s3200.jpg
地図
情報
開館 1963年4月13日
閉館 2015年3月31日
収容人員 1,280人
客席数 1,151
運営 徳島市文化振興公社
所在地 770-0851
徳島県徳島市徳島町城内1番地
アクセス JR徳島駅から徒歩10分。
外部リンク 徳島市:徳島市立文化センター
徳島市立文化センター
徳島市立文化センターの位置(徳島市内)
徳島市立文化センター
徳島市立文化センターの位置(徳島県内)
徳島市立文化センター
徳島市立文化センターの位置(日本内)
徳島市立文化センター
情報
事業主体 徳島市文化振興課
管理運営 徳島市文化振興公社
敷地面積 4,538 m²
階数 地上3階
開館開所 1963年4月13日
所在地 770-0851
徳島県徳島市徳島町城内1番地
テンプレートを表示

徳島市文化センター(とくしましぶんかセンター)は、かつて徳島県徳島市徳島町城内にあった多目的ホールをメインとする文化施設。

沿革[編集]

  • 1963年4月13日 - 開館。
  • 2007年4月1日 - 指定管理者制度が適用されて財団法人徳島市文化振興公社に運営が委任されている。
  • 2007年10月27日 - 第22回国民文化祭の会場の1つに指定。
  • 2012年 - 第27回国民文化祭が開催される[1]
  • 2013年 - 開館50周年。
  • 2015年 - 3月末をもって施設を使用中止。耐震不足により年内の解体か耐震工事を施すか決定される。
  • 2015年6月15日 - 市議会において廃館が決まる[2]
  • 2016年6月8日 - 遠藤彰良市長は、市議会本会議で、同市文化センターを耐震改修して災害時の避難所機能を持たせた形へのリニューアルを検討する考えを明らかにした[3]
  • 2019年3月 - 2018年より始まった施設の解体が終わり、更地となる。

施設概要[編集]

施設として、間口20m 奥行14.4mのステージを備えた1,280人収容のホールと7つの会議室(定員30名~100名)がある。

  • 休館日:第1火曜日、第3火曜日(12月29日1月3日
  • 利用時間
    • ホール:9:00〜22:00
    • 会議室:9:00〜22:00
    • 利用申し込み受け付け:9:00〜17:00

エピソード[編集]

  • 1979年にサザンオールスターズがライブを行っている。
  • 1976年・1983年・1985〜1987年・1989年には松任谷由実がライブを行っているが、「ホールが狭い」との理由で、さまざまな機材を持ち込むことを禁止された。1994年・1996年・1998年のコンサートはアスティとくしまで開催している。
  • 2013年3月9日、四国放送開局60周年記念として『笑点』(日本テレビ系列)の公開録画を開催(同年4月7日と14日に放送)。この収録で林家木久扇が3年ぶりに座布団10枚を獲得し、御褒美のキーワードだった「人の振り見て我が振り直せ」にちなみ阿波踊りを踊らさせるという結末となった。

音楽・芸術ホール問題[編集]

[4][5][6]

  • 1991年 - 徳島市有識者会議が、音楽ホールや劇場が市内に足りないと指摘し、本格的な施設設備の必要性を提言。
  • 1990年代 - 徳島市は、音楽・芸術ホールの建設候補地として旧徳島市立動物園跡地(中徳島町2)を検討していた。
  • 2005年12月 - 原秀樹徳島市長(当時)がホール整備と新町西地区再開発を一体化させる意向を表明し、大小のホールを中核施設とする再開発事業を進めていた。
  • 2016年3月 - 徳島市長選で新町西地区再開発事業に反対する遠藤彰良氏が当選し、新町西地区再開発事業を白紙化したのに伴い、徳島市は新たなホール整備を検討している。
  • 2016年 - 徳島市は、新町西地区再開発事業の白紙撤回に伴い、音楽・芸術ホールの建設を決定。
  • 2016年11月 - 徳島市有識者会議は、音楽・芸術ホールを早期に整備するとともに、最寄駅から徒歩圏内に建設するよう提言した。
  • 2016年12月27日 - 遠藤彰良徳島市長が定例記者会見で、音楽・芸術ホールの建設場所を2016年度中に選定する考えを明らかにした。
  • 2017年1月25日 - 徳島市は、音楽・芸術ホールの建設候補地として、徳島駅西側のクレメント平面駐車場を中心とした土地(寺島本町西1、4866平方m)、徳島市立文化センター(徳島町城内、4538平方m)の敷地、旧徳島市立動物園跡地(中徳島町2、1万8879平方m)の3案で検討している。
  • 2017年1月26日 - 遠藤彰良徳島市長が定例記者会見で、2023年度開館を目指す音楽・芸術ホールの建設候補地として、徳島駅西側のクレメント平面駐車場を中心とした土地(寺島本町西1)、徳島市立文化センターの敷地、旧徳島市立動物園跡地の3案で検討していくことを正式に発表した。

脚注[編集]

  1. ^ 国民文化祭データベース
  2. ^ 徳島新聞 - 『徳島市文化センター廃館 存続求め署名集めへ』 徳島新聞 2015年6月16日付
  3. ^ 『音芸ホール代替 文化センター改修検討 市議会で徳島市長 災害時避難所に』 徳島新聞 2016年6月9日付 1面 総合面
  4. ^ 『新ホール建設地 本年度中に選定 徳島市長が意向』2016年12月28日 徳島新聞 2面 総合面
  5. ^ 『徳島駅西に新ホール案 徳島市が3候補地 3月にも選定委発足』2017年1月26日 徳島新聞 1面 総合面
  6. ^ 『徳島市の新ホール 3候補地、比較検討へ 市長正式発表』2017年1月27日 徳島新聞 1面 総合面