徳島県第3区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本の旗徳島県第3区
行政区域 2013年廃止
(2017年7月16日現在)
比例区 廃止
設置年 1994年2002年区割変更)
廃止年 2013年
選出議員 廃止
有権者数 0人
0 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2020年9月1日)
テンプレートを表示

徳島県第3区(とくしまけんだい3く)は、日本衆議院における選挙区1994年公職選挙法改正で設置。2002年(平成14年)に一部区割りの見直しが行われ、2013年に廃止された。

区域[編集]

2002年の公職選挙法改正以前の区域は以下の通りであった。

  • 小松島市
  • 阿南市
  • 吉野川市
  • 名西郡
    • 石井町
    • 神山町
  • 勝浦郡
    • 勝浦町
    • 上勝町
  • 那賀町
    • 那賀町
  • 海部郡
    • 美波町
    • 牟岐町
    • 海陽町

歴史[編集]

小選挙区制導入後の初選挙である第41回では、旧中選挙区時代最後の総選挙で初当選した岩浅嘉仁が続けて議席を確保。徳島県が四国では珍しく選挙区選出議員のうち野党議員が過半数を占めたことに危機感を募らせた(この間いったん自由党が与党入りしていた時期もあったが)自民党は第42回に後藤田正晴を大叔父に持つ後藤田正純を送り込み、議席を奪取。岩浅はこの選挙の敗北で国政からは引退。(後に阿南市長に転身。)その後の選挙では後藤田が安定した戦いを進め、議席を守っている。第45回では自民党に猛烈な逆風が吹き荒れて大接戦となり、約1200票差という僅差で選挙区の議席は死守したものの、仁木の比例復活を許した。第46回では自民党優位の状況下で後藤田が圧勝し、仁木は比例復活もできずに落選した。

2013年の区割変更に伴い、当選挙区は廃止された。ただし、後藤田対仁木の対決は第47回以降の新1区[1]に引き継がれる形になった。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 岩浅嘉仁 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 後藤田正純 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年
第46回衆議院議員総選挙 2012年

選挙結果[編集]

解散日:2012年(平成24年)11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
後藤田正純43自由民主党70,197票
53.76%
――公明党推薦
仁木博文46民主党50,803票
38.90%
72.37%国民新党推薦
谷内智和32日本共産党6,191票
4.74%
8.82%
小松由佳30幸福実現党3,395票
2.60%
4.84%

解散日:2009年(平成21年)7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
後藤田正純40自由民主党81,581票
49.78%
――
比当仁木博文43民主党80,359票
49.04%
98.50%国民新党推薦
小松由佳27幸福実現党1,938票
1.18%
2.38%

解散日:2005年(平成17年)8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
後藤田正純36自由民主党88,581票
57.27%
――
仁木博文39民主党60,063票
38.84%
67.81%
青木利男61日本共産党6,017票
3.89%
6.79%

解散日:2003年(平成15年)10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
後藤田正純34自由民主党85,671票
60.01%
――
仁木博文37民主党49,411票
34.61%
57.68%
久保孝之40日本共産党7,687票
5.38%
8.97%

解散日:2000年(平成12年)6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
後藤田正純30自由民主党77,301票
53.59%
――
岩浅嘉仁45自由党55,422票
38.42%
71.70%
久保孝之36日本共産党11,520票
7.99%
14.90%

解散日:1996年(平成8年)9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
岩浅嘉仁41新進党64,762票
47.61%
――
三木申三68自由民主党61,113票
44.93%
94.37%
久米誠司54日本共産党10,138票
7.45%
15.65%

脚注[編集]

  1. ^ 旧3区から吉野川市、美馬市南部および美馬郡を除き、徳島市および佐那河内村を含めた選挙区

関連項目[編集]