香川県道・徳島県道102号引田滝宮線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
香川県道102号標識
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
徳島県道102号標識
香川県道・徳島県道102号
引田滝宮線
路線延長 10.1km
制定年 1959年
起点 東かがわ市引田
終点 板野郡上板町神宅
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0011.svg国道11号
徳島県道・香川県道34号石井引田線
徳島県道12号鳴門池田線
徳島県道234号高瀬神宅線
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

香川県道・徳島県道102号引田滝宮線(かがわけんどう・とくしまけんどう102ごうひけたたきのみやせん)は、香川県東かがわ市から、徳島県板野郡上板町にいたる県道である。

路線概要[編集]

重複区間[編集]

沿革[編集]

交差・接続している道路[編集]

通過する自治体[編集]

  • 香川県
    • 東かがわ市
  • 徳島県
    • 上板町

参考[編集]

  • 本道は県道34号石井引田線と同様に未開通区間があり(香川県側は川股ダム付近まで、徳島県側は徳島自動車道上板SAガード下付近までしか指定されていない)、越県県道であるが、両県ごとに区間の途切れがある。そのため、完全走破を目指すのは(片方の県側を往復し別の道を通ってまた別の県側を往復しなければならないため)困難である。これは石井引田線にも同様のことが言える。川股ダム以南は過去の国土地理院航空写真(空中写真1974~78年版)に南下ルートと西進後南下ルートの砂利道(1.5メートル未満)があるが、徒歩道の可能性が高い。南下ルートは一本松越えと呼ばれ途中で藪が覆い茂り途切れているようにみえるが四国のみちのひとつである。東進ルートは複雑なルートをとっていて深い藪になっているが、鉢伏山山道へ繋がる道である。末端よりも先の徒歩道ついては最新版の航空写真では一部路面や線形は見られるものの深い藪が多い。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]