徳島県道220号川内大代線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
一般県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
徳島県道220号標識
徳島県道220号
川内大代線
路線延長 8.9km
制定年 1959年
起点 徳島市川内町上別宮
主な
経由都市
板野郡松茂町
終点 鳴門市大津町大代
接続する
主な道路
(記法)
徳島県道219号古川長原港線
徳島県道29号徳島環状線
Japanese National Route Sign 0011.svg国道11号
Japanese National Route Sign 0028.svg国道28号
徳島県道40号徳島空港線
徳島県道12号鳴門池田線
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

徳島県道220号川内大代線(とくしまけんどう220ごう かわうちおおしろせん)は、徳島県徳島市から鳴門市に至る県道である。開閉橋がある加賀須野橋がある。徳島とくとくターミナル付近で現道と旧道に分かれている区間がある。

路線の概要[編集]

  • 距離:8.914km(他に旧道1.09km、平成22年徳島県道路現況調書)
  • 起点:徳島市川内町上別宮
  • 終点:鳴門市大津町大代

沿革[編集]

周辺の施設[編集]

接続道路[編集]

関連項目[編集]