徳島県道267号白地州津線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
一般県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
徳島県道267号標識
徳島県道267号白地州津線
路線延長 7.253km
制定年 1959年
起点 三好市池田町白地字本名
終点 三好市池田町州津字東州津
州津堂面交差点
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0192.svg国道192号
Japanese National Route Sign 0032.svg国道32号
徳島県道12号鳴門池田線
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

徳島県道267号白地州津線(とくしまけんどう267ごう はくちしゅうづせん)は、徳島県三好市内を通る一般県道である。距離:7.253km(平成22年徳島県道路現況調書)

沿革[編集]

  • 1959年(昭和34年)1月31日 - 徳島県道114号白地州津線として認定。
  • 1972年(昭和47年)3月10日 - 徳島県道267号白地州津線として再認定。
  • 2003年(平成15年)3月21日 - 国道32号四国中央橋の供用により,終点側約1.2kmが同国道との重用区間となる。

通過市町村[編集]

  • 徳島県
    • 三好市

交差・接続する道路[編集]

重用区間[編集]

  • 国道32号・国道319号 四国中央橋北詰~州津堂面交差点

橋梁・トンネル[編集]

関連項目[編集]