徳川宗翰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 
徳川宗翰
時代 江戸時代中期
生誕 享保13年7月29日1728年9月3日
死没 明和3年2月14日1766年3月24日
改名 鶴千代(幼名)→宗翰
諡号 良公
戒名 大隆院殿正蓬社賢譽瑞栄
墓所 瑞龍山
官位 正四位下左近衛権少将左衛門督従三位左近衛権中将参議
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重家治
常陸国水戸藩
氏族 水戸徳川家
父母 父:徳川宗堯
母:美代姫徳川吉孚長女)
兄弟 松平頼順宗翰
正室郁子一条兼香次女)
側室:美衛ほか
治保、直之允、勝五郎、直之助、松平頼図、松平頼救、松平保受、松平保福、中山信敬、時姫(松平義裕室)、嘉姫(二条治孝室)、国姫(今出川実種室)、嶺姫(願入寺遍雄室)、金姫
テンプレートを表示

徳川 宗翰(とくがわ むねもと)は、常陸国水戸藩の第5代藩主。三島由紀夫は昆孫である。

生涯[編集]

享保13年(1728年)7月29日、水戸藩第4代藩主徳川宗堯の次男として生まれる。慶喜の高祖父にあたる。幼名鶴千代。母は徳川吉孚(第3代藩主徳川綱條の世嗣)の長女美代姫

享保15年(1730年)、父の早世により3歳(満年齢1歳)で跡を継いだ。幼少のため、将軍吉宗により御附家老中山信昌ほか家老が呼び出され、幼君の輔育と一和忠勤を直接命じられた。

長じては父と同じく行き詰まった藩政を立て直そうと志し、寛延2年(1742年)に支藩藩主の松平頼寛守山藩)と松平頼済府中藩)が老中堀田正亮の役邸に呼び出され、財政改革の実施を命じられたこともあり、宝暦改革と呼ばれる藩政改革を実施した。太田資胤に命じて財政再建を進めたが、宝暦6年(1756年)に資胤が致仕すると頓挫した。その後も改革は進まず、晩年の30代後半になると、たびたびの挫折に改革の志も萎えたらしく、奥に入り浸って歌舞音曲や酒に耽ったという。明和元年(1764年)に水戸城が全焼するなどの災害もあった。跡を長男の治保が継いだ。

官歴[編集]

※日付=旧暦

家系[編集]

  • 正室:一条郁子(千代姫・絢君・俊祥院・瑞懿夫人) - 一条兼香次女
  • 側室:美衛(智仙院) - 榊原篤郷娘
    • 長男:治保 - 第6代水戸藩主
    • 三男:勝五郎
  • 側室:尾上(中澤氏・開示院)
    • 二男:直之允
    • 四男:直之助
  • 側室:瀬川(山本氏)
  • 側室:毛利氏
    • 五男:松平頼図 - 宗翰の実兄・松平頼順養子
  • 側室:岩倉(大西氏)
  • 側室:三宅氏
  • 側室:深津氏

偏諱を与えた人物[編集]

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

関連タグ[編集]

徳川慶喜の系譜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
16. 水戸藩5代藩主
徳川宗翰
 
 
 
 
 
 
 
8. 水戸藩6代藩主
徳川治保
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
17. 智仙院
 
 
 
 
 
 
 
4. 水戸藩7代藩主
徳川治紀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
18. 一条道香
 
 
 
 
 
 
 
9. 八代君
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
19. 池田静子
 
 
 
 
 
 
 
2. 水戸藩9代藩主
徳川斉昭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20. 烏丸光胤
 
 
 
 
 
 
 
10. 町資補
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
21. 真如
 
 
 
 
 
 
 
5. 外山補子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1. 江戸幕府15代将軍
徳川慶喜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
24. 112代天皇
霊元天皇
 
 
 
 
 
 
 
12. 有栖川宮5代当主
職仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
25. 松室敦子
 
 
 
 
 
 
 
6. 有栖川宮6代当主
織仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
26. 後藤左一郎
 
 
 
 
 
 
 
13. 後藤温子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3. 吉子女王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
14. 安藤大和守
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7. 安藤清子