徳川宗賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
本来の表記は「德川宗賢」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

徳川 宗賢(とくがわ むねまさ、1930年11月27日 - 1999年6月6日)は、日本の言語学者国語学者学位博士(文学)日本語の方言研究の第一人者であった。

人物[編集]

東京府出身。田安徳川家10代当主(伯爵家)徳川達成の次男として生まれる。

学習院大学文学部文学科国文学専攻卒業。学習院大学大学院人文科学研究科国文学修士課程修了

大阪大学文学部教授を経て学習院大学文学部日本語日本文学科教授。国語学会代表理事。第21期国語審議会委員。主な編著書に『日本人の方言』、『日本の方言地図』がある。司馬遼太郎とも、対話「日本の母語は各地の方言」(『日本語と日本人』 中公文庫、のち『日本語の本質―司馬遼太郎対話選集2』 文春文庫)を行っている。

妻の徳川陽子物理学者で東京工芸大学名誉教授。娘の松方冬子日本史学者、東京大学史料編纂所准教授

著書[編集]

編著・共編[編集]

  • 方言研究のすべて 平井昌夫共編 至文堂, 1969
  • 類義語辞典 宮島達夫共編 東京堂出版, 1972 1978
  • 方言地理学図集 W・A・グロータース共編 秋山書店, 1976
  • 現代の日本語 柴田武祖父江孝男共著 三省堂選書, 1977
  • 日本の方言地図 中公新書, 1979
  • 上方ことばの世界 懐徳堂記念講座:武蔵野文庫、武蔵野書院, 1985
  • 日米のコミュニケーション 南雲堂, 1985
  • 新・方言学を学ぶ人のために 真田信治共編 世界思想社, 1991
  • 関西方言の社会言語学 真田信治共編 世界思想社, 1995
  • 集英社ポケット国語辞典 集英社, 1996
  • 集英社ポケットカタカナ語辞典 集英社, 1999

脚注[編集]