徳川昭武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
徳川昭武
Akitake Tokugawa.jpg
時代 江戸時代末期 - 明治時代
生誕 嘉永6年9月24日1853年10月26日
死没 明治43年(1910年7月3日
改名 松平余八麿、昭徳、昭武、徳川昭武
別名 子明(字)
諡号 節公
墓所 瑞龍山
官位 従五位下侍従民部大輔
従四位下左近衛権少将従三位
常陸国水戸藩主→同知事
氏族 水戸徳川家清水徳川家→水戸徳川家
父母 父:徳川斉昭、母:万里小路睦子
兄弟 徳川慶篤、次郎麿、三郎麿、四郎麿、
池田慶徳、六郎麿、徳川慶喜松平直侯池田茂政松平武聰喜連川縄氏
余二麿、余三麿、松平昭訓、余五麿、
松平忠和土屋挙直徳川昭武
松平喜徳、廿麿、廿一麿、松平頼之

正妻:中院通富の娘・瑛子

側妻:斉藤貫行の娘・八重
武定、昭子(松平頼寿室)、
政子(毛利元雄室)、直子(松平斉光室)、
温子(京極高修室)
養子:篤敬
京都時代(1866年)の昭武
徳川昭武(1867年)
ベルギーでの幕府使節団、中央左が昭武

徳川 昭武(とくがわ あきたけ)は、清水徳川家第6代当主、のち水戸藩第11代(最後)の藩主。

第9代水戸藩主・徳川斉昭の十八男で、第10代藩主・徳川慶篤、第15代将軍徳川慶喜の異母弟にあたる。生母は側室・万里小路建房の六女・睦子(ちかこ)。 初名は松平 昭徳は子明。は鑾山。諡号は節公。子は徳川武定など。正仁親王妃華子の曽祖父。

生涯[編集]

嘉永6年(1853年)、江戸駒込の水戸藩中屋敷で誕生する。幼名余八麿。生後半年から水戸にて養育されるが、幕末の動乱のため、文久3年(1863年)には再度江戸入りする。同年、京都で病に伏した兄・松平昭訓の看護の名目により上洛する。当初は長者町の藩邸に滞在するが、禁門の変の後は東大谷長楽寺本圀寺に滞在する(これにより滞京中の水戸藩士は「本圀寺勢」と称される)。滞京中の佐幕活動は多忙を極め、禁門の変や天狗党の乱に際しては一軍の将として出陣するなど、幼年ながらも幕末の動乱に参加している。

清水家相続、使節団を率いてヨーロッパへ[編集]

従五位下侍従民部大輔に叙任。第14代将軍・徳川家茂の死去に伴い、昭武と改める。慶応2年(1867年)、それまで20年にわたり当主不在であった清水徳川家を相続・再興する[注釈 1]。同時にパリ万国博覧会に将軍慶喜の名代としてヨーロッパ派遣を命じられる。

慶応3年1月(1867年2月)に使節団を率いて約50日をかけて渡仏した。使節団の中には会計係として渋沢栄一、随行医として高松凌雲、通訳に山内堤雲がいた。ナポレオン3世に謁見し、パリ万国博覧会を訪問する。万博終了後に引き続き、幕府代表としてスイスオランダベルギーイタリアイギリスなど欧州各国を歴訪する。その間に、オランダ王ウィレム3世、ベルギー王レオポルド2世、イタリア王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世、イギリス女王ヴィクトリアに謁見した。以後はパリにて留学生活を送る。この頃の昭武は日記をつけており、『徳川昭武幕末滞欧日記』[1]に採録されている。

慶応4年(1868年)1月に兄である将軍・慶喜が大政奉還を行ったことを知り、使節団の立場は微妙なものとなる。3月、鳥羽・伏見の戦いの報がフランスの新聞に掲載され、随行していた栗本安芸守らは帰国し、昭武をはじめとする7名は残留した。程なく新政府から帰国要請が届くが、4月の段階では慶喜からこのまま滞在し勉学するように手紙が送られている。

5月15日(7月4日)新政府よりの帰国命令書が届き、ついに帰国することとなった。滞在最後の思い出とするためか10日間、ノルマンディーカーンシェルブールを回り、ロワール川河口のナントまで旅す。パリに帰ると、長兄で水戸藩主・慶篤が死去したとの手紙が届いており、政情安定のために次期藩主に指名されることとなった[注釈 2]

9月4日(10月18日)にマルセイユを出航、11月3日(12月6日)に神奈川に帰着した。この間、水戸藩では藩士の分裂を抑えきれず、弘道館戦争が勃発している。

水戸藩主から戸山学校教官に[編集]

ヨーロッパから帰国した翌年の1869年に水戸徳川家を相続し、藩主に就任、明治2年(1869年)、版籍奉還により水戸藩知事となる(民部大輔を辞官)。北海道の土地割渡しを出願し、明治2年(1869年)8月17日に北海道天塩国のうち苫前郡天塩郡上川郡中川郡北見国のうち利尻郡の計5郡の支配を命じられた。明治4年(1871年7月14日廃藩置県により藩知事を免ぜられ、東京府向島の小梅邸(旧水戸藩下屋敷)に暮らす。

明治7年(1875年)、陸軍少尉に任官する。初期の陸軍戸山学校にて、教官として生徒隊に軍事教養を教授している。明治8年(1875年)、中院通富の娘・栄姫(瑛子)と結婚。

明治期のフランス再留学[編集]

明治9年(1876年)にフィラデルフィア万国博覧会の御用掛となり訪米する。その後、兄弟の土屋挙直松平喜徳とともにフランスに向かい、再び留学する。なお、前の留学から8年の間に、フランスは第二帝政から第三共和政へ移行している。明治13年(1881年)に留学先のエコール・モンジュを退学。同じくフランスに留学中の甥・徳川篤敬(長兄・慶篤の長男)と欧州旅行(ドイツ・オーストリア・スイス・イタリア・ベルギー)の後、ロンドンへ半年滞在し、翌年6月帰国した。

隠居、松戸・戸定邸へ[編集]

慶喜の生母吉子は、明治に入って水戸城を出て偕楽園の好文亭で暮らしており、公務を退き小梅の屋敷に移った昭武は吉子に同居を勧めて、水戸から招いている[4]。明治16年(1883年)1月に長女・昭子が生まれるが、翌月産後の肥立ちが悪く妻・瑛子が死去。5月に隠居願を提出し、甥の篤敬に家督を譲った翌年には、数えで80歳の吉子を伴い戸定邸千葉県松戸市)に移った[5]。やがて明治25年(1892年)、次男・武定子爵に叙されて松戸徳川家を創設している。

自転車や狩猟、写真、園芸などの多彩な趣味を有した。隠居後、盛んに静岡と往来し、慶喜と一緒に写真撮影や狩猟に出かけるなど交流を深めた[注釈 3]。写真撮影には熱心で自ら現像も手がけ、現在もなお多くの写真が残されている[6]。実は徳川斉昭の息子のうち、慶喜、昭武、慶徳、池田茂政を除くと写真が現存していない。

また造園にも注力し、現在は千葉大学園芸学部の用地にあたる区画に西洋式庭園を築いて植物の栽培を手がけている[5]。その庭は与謝野晶子が和歌に詠んだ「松戸の丘」である[7][8]

慶喜が1897年(明治30年)の秋に東京の巣鴨に移った翌明治31年(1898年)に篤敬が44歳で死去。遺児の圀順が11歳で水戸徳川家当主となり、昭武が後見となる。

明治43年(1910年)7月3日、小梅邸にて死去した。享年58。

備考[編集]

略年表[編集]

栄典[編集]

位階
勲章等

家系[編集]

  • 妻:瑛子(中院通富女)
  • 側妻:八重 (静岡県士族・斉藤貫行女)
    • 次女:政子 - 子爵毛利元雄夫人
    • 長男:武麿(早世)
    • 次男:武定 - 子爵
    • 三女:直子 - 男爵松平斉光夫人
    • 四女:温子 - 子爵京極高修夫人
    • 三男:武雄(早世)
  • 養子
    • 篤敬 - 長兄・慶篤の長男

明治16年(1883年)2月の夫人瑛子の死後に後妻を迎える話もあったが、隠居の身分となったこともあり、正式な妻は迎えなかった。同年10月にとして入籍した斉藤八重は、実際には後妻の位置にあり、昭武が同居を勧めた斉昭未亡人の吉子とともに戸定邸に暮らした。

登場作品[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 会津藩松平容保は自身の養子に当初、昭武を望んでいた。昭武が清水家を継いだため、代わって昭武のすぐ下の弟の喜徳を養子とした(後に養子縁組が解消され、喜徳はその後に水戸家連枝守山松平家を継ぐ)。
  2. ^ 留学中の日記の中に、1868年8月3日 (旧暦) の出来事として「朝8時、ココアを喫んだ後、海軍工廠を訪ねる」と記しており、これが記録に残る限り、日本人が初めてココアを飲んだ史料である[2][3]
  3. ^ 慶喜は1893年(明治26年)に生母をなくした後、公爵に叙せられ政治的地位を回復するのが1902年(明治35年)である。
  4. ^ 大能牧場(おおのぼくじょう)は、水戸藩が直接経営した馬の牧場。江戸時代の水戸藩が軍用と農耕に用いた馬を多く産出した。2代藩主徳川光圀が1678年(延宝6年)、下総と相馬から馬を導入して現高萩市大能に開設した。また1833年(天保4年)、徳川斉昭が開設した桜野牧場(「新牧」)は現水戸市丹下原にあった。1788年(天明8年)に廃止、松岡領主中山家が管理して春と秋の年2回馬市が開かれ、天保の改革の一環として徳川斉昭の代に再興された。馬に加えて牛の放牧も行うものの経営に行き詰まり、1869年(明治2年)に再び廃止された。昭武は隣接する常陸太田市(旧里美村)の天竜院地区にも牧場を開設した[9][10]
  5. ^ 放送途中に「三代目 中村橋之助」を襲名。従って総集編放送当時の表記も「中村橋之助」となる。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 滞欧日記 1999.
  2. ^ 日本のチョコレート事始め”. 日本チョコレート・ココア協会. 2018年11月25日閲覧。
  3. ^ 井上碌朗 1958.
  4. ^ 歴史と旅 1998, pp. 106-111.
  5. ^ a b 徳川昭武の屋敷 2011.
  6. ^ 将軍のフォトグラフィー 1992.
  7. ^ 庭園の記憶―与謝野晶子の「松戸の丘」と園芸学校の絵画―千葉大学園芸学部創立100周年記念特別展”. まつどの観光・魅力・文化|松戸市. 2019年7月20日閲覧。
  8. ^ 庭園の記憶 2009.
  9. ^ 里美村史 1984, pp. 316-322, 367-379, 697-699, 813-848, 888-893.
  10. ^ 沿革・歴史”. 大能林業. 2015年11月30日閲覧。
  11. ^ a b 官報 1897, p. 285.
  12. ^ a b c 官報 1910, p. 72.
  13. ^ 『官報』第5842号「叙任及辞令」1902年12月22日。
  14. ^ 太政官日誌明治6年 1876, p. 9.
  15. ^ 官報 1889, p. 2.
  16. ^ 『官報』第1952号「叙任及辞令」1889年12月28日。

参考文献[編集]

  • 「明治6年」『太政官日誌』第157号、発売: 須原屋茂兵衛, 和泉屋市兵衛、 9 (コマ番号130)、 doi:10.11501/787665全国書誌番号:40022881
  • 「叙任及辞令」『官報』第1929号、大蔵省印刷局、1889年12月2日、 2 (コマ番号3)、 doi:10.11501/2945178全国書誌番号:00084180
  • 「叙任及辞令」『官報』第4343号、大蔵省印刷局、1897年12月21日、 285 (コマ番号1)、 doi:10.11501/2947630
  • 「叙任及辞令」『官報』第8109号、大蔵省印刷局、1910年7月4日、 72 (コマ番号3)、 doi:10.11501/2951461
  • 『日本チョコレート工業史 : 附 チョコレート及びココア』井上碌朗 (編)、日本チョコレート,ココア協会 (編)、1958年。
  • 『将軍のフォトグラフィー : 写真にみる徳川慶喜・昭武兄弟』松戸市戸定歴史館 (編)、松戸市戸定歴史館、1992年。
  • 萩尾農『歴史と旅』第25巻4 (381)、秋田書店、1998年3月、 106-111頁、 doi:10.11501/7947558
  • 徳川昭武『徳川昭武幕末滞欧日記』松戸市教育委員会、宮地正人 (監修)、山川出版社、1999年。ISBN 978-4-6345-2010-3。
  • 『庭園の記憶 : 与謝野晶子の「松戸の丘」と園芸学校の絵画 : 千葉大学園芸学部創立100周年記念特別展』松戸市教育委員会社会教育課美術館準備室、田中典子 (編)、松戸市教育委員会、2009年11月。
  • 『徳川昭武の屋敷慶喜の住まい : 松戸市戸定歴史館企画展』松戸市戸定歴史館 (編)、松戸市戸定歴史館、c2011年。
  • 里美村史』常陸太田市郷土資料館、常陸太田市教育委員会、1984年。2018年11月25日閲覧。 大能牧場の歴史と役割

関連文献[編集]

  • 須美裕『徳川昭武 万博殿様一代記』、中央公論社中公新書〉、1984年。978-4-1210-0750-6
  • 宮永孝『プリンス昭武の欧州紀行―慶応3年パリ万博使節』、山川出版社、2000年。978-4-6346-0840-5
  • 『徳川一族 将軍家・御三家・御三卿 実紀』株式会社KADOKAWA中経出版〈月刊歴史読本〉、2009年6月号、2009年。
展示図録
  • 『プリンス・トクガワの生涯 : 徳川昭武とその時代』、松戸市戸定歴史館 (編)、松戸市戸定歴史館、1991年11月
  • 『将軍のフォトグラフィー : 写真にみる徳川慶喜・昭武兄弟』、松戸市戸定歴史館 (編)、松戸市戸定歴史館、1992年。
  • 『文明開化のあけぼのを見た男たち : 慶応三年遣仏使節団の明治』、松戸市戸定歴史館 (編)、松戸市戸定歴史館、1993年。
  • 徳川昭武『徳川昭武幕末滞欧日記』、宮地正人 (監修)、松戸市戸定歴史館、1997年3月。
  • 『徳川昭武のヨーロッパ体験 : 解説シート』、松戸市戸定歴史館 (編)、松戸市戸定歴史館、c2012年。
  • 『プリンス・トクガワ』、松戸市戸定歴史館 (編)、松戸市戸定歴史館、2012年。
  • 松戸市戸定歴史館:松戸徳川家の敷地を歴史公園として整備した「戸定が丘歴史公園」内にあり、当時のまま保存されている。
  • 展覧会「徳川御三卿」”. 江戸東京博物館. 2015年11月30日閲覧。 2010年10月05日(火)から11月14日(日)まで開催された展覧会の解説。田安、一橋、清水の御三卿が果たした役割と各家に残る名品の紹介。