徳川武定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
徳川 武定
Tokugawa Takesada.jpg
海軍造船大佐時代(1935年撮影)
生誕 1888年10月12日
死没 (1957-11-29) 1957年11月29日(69歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1916年 – 1945年
最終階級 海軍技術中将
テンプレートを表示

徳川 武定(とくがわ たけさだ、1888年明治21年)10月12日 - 1957年昭和32年)11月29日)は、日本海軍軍人(造船官)、華族。最終階級は海軍技術中将。工学博士子爵東京帝国大学教授。

人物[編集]

武定の父・徳川昭武は最後の水戸藩主であったが、1883年に水戸徳川家の家督を甥(前藩主であった長兄・慶篤の遺児)の篤敬に譲って隠居した後、実子の武定を儲けた。1892年5月3日、父の勲功により特旨によって武定は華族に列し子爵を叙爵して[1]松戸徳川家が創設された。

東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)・附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)、第八高等学校(名古屋)を経て[2]、1916年7月に東京帝国大学工科大学造船学科を卒業[2]。1918年12月に海軍造船大技士(大尉相当官)、呉海軍工廠造船部員[2][注釈 1]。海軍に入ってから平賀譲(のちに海軍技術中将・東京帝国大学総長)の部下となり、その影響を強く受けた。八八艦隊計画では、4万7000トン・18インチ砲搭載の巨大戦艦を設計した。1922年3月から1925年3月まで、3年間イギリスに私費留学した[2]

1924年から1944年まで20年にわたって海軍技術研究所に勤務した。当初、同研究所は築地市場の傍にあったが、徳川はしばしば市場に通っては魚を観察して、新造艦のアイデアを求めたと言われている。特に昭和初期に帝国海軍が優秀な潜水艦を多数保有できたのは、徳川の研究成果によるところが大きいとされている。1942年11月、海軍技術中将に進級すると共に海軍技術研究所長に就任し、1944年12月に海軍艦政本部出仕となり、1945年4月に予備役に編入された[2]

海軍士官として勤務しつつ、東京帝国大学工学部教授を、1938年3月から1944年10月まで兼任した[2]

戦後は公職追放令によって、一時丸善の顧問(研究員)となるが、畑違いと思われた永井荷風の研究論文で文学界の注目を集めた。また、技術者らしく「ペンを科学する」というペン先を科学的に分析した研究論文も執筆した。追放解除後は、防衛庁技術研究所や川崎重工業の顧問を務めて、日本の造船業の再建に尽力した。

松戸にある武定の邸宅である戸定邸には多くの工学関連、あるいは趣味によるアフリカ関連書籍が収蔵されていた。前者は藤原工業大学(現在は慶應義塾大学に統合されている)、後者は天理大学に寄贈された。

1951年に戸定邸を松戸市へ物納し、以後はその離れに住した。

栄典[編集]

家族[編集]

徳川武定と繡子夫人(1913年)

妻は徳川達孝の四女・繡子[4](母・鏡子は昭武の七兄・徳川慶喜の長女)。その間に長女・宗子がおり、その婿・徳川博武(母・保子は昭武の十三兄・土屋挙直の娘)が松戸徳川家を継いだ[4]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 出典には、海軍造船中技士(中尉相当官)への任官については記載がない。

出典[編集]

  1. ^ 『官報』第2652号、明治25年5月4日。
  2. ^ a b c d e f 秦 2005, p. 232, 第1部 主要陸海軍人の履歴-海軍-徳川武定
  3. ^ 『官報』第379号「叙任及辞令」1913年11月3日。
  4. ^ a b 『平成新修旧華族家系大成』下巻、173頁。

参考文献[編集]

日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
(松戸)徳川家初代
1892年 - 1947年
次代:
華族制度廃止