徳川義恭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「德川義恭」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

徳川 義恭(とくがわ よしやす、1921年(大正10年)1月18日 - 1949年(昭和24年)12月12日)は、日本の美術研究者、装幀家。

人物[編集]

尾張徳川家の分家の当主である男爵徳川義恕の四男。母方の祖父・津軽承昭弘前藩主。長兄・徳川義寛昭和天皇侍従侍従長。姉・祥子の夫は北白川宮永久王。次兄・義孝津軽英麿の養子となる)の娘は、常陸宮正仁親王妃華子で、義恭の姪にあたる。

夫人・雅子(のりこ)は田安徳川家徳川達成の長女。

1942年(昭和17年)、学習院高等科を卒業し、東京帝国大学文学部美学美術史学科に入学。同年7月1日、三島由紀夫東文彦と共に同人誌『赤絵』を創刊した。同誌および、1944年(昭和19年)10月発行の三島の処女作品集『花ざかりの森』(七丈書院)の装幀を担当した。

著書は1941年(昭和16年)に私家版の編著『暢美』を、1948年(昭和23年)に『宗達の水墨画』(座右宝刊行会(座右寳叢書))がある。

亜急性細菌性心内膜炎で夭折した。享年28。三島は人となりを偲んで、短篇小説『貴顕』[1]を書いている。

三島との往復書簡が、数通だが『三島由紀夫十代書簡集』(新潮社、のち新潮文庫)に収められている。2010年(平成22年)に遺族宅で、新たに三島からの手紙9通(1942年 - 1944年)が発見された。

脚注[編集]

  1. ^ 『真夏の死―自選短編集』(新潮文庫、1970年。改版1996年)、ほかに『決定版 三島由紀夫全集第19巻・短編5』(新潮社、2002年)に所収。

参考文献[編集]

  • 『三島由紀夫十代書簡集』(新潮社、1999年。新潮文庫、2002年)
  • 『決定版 三島由紀夫全集第42巻・年譜・書誌』(新潮社、2005年)