徳武定祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
徳武 定祐
早稲田大学 コーチ
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都豊島区
生年月日 (1938-06-09) 1938年6月9日(80歳)
身長
体重
178 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 1961年
初出場 1961年4月9日
最終出場 1970年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 中日ドラゴンズ (1972 - 1976)
  • ロッテオリオンズ (1977 - 1978, 1980 - 1988, 1990 - 1991)
  • 中日ドラゴンズ (1992 - 1995)
  • 早稲田大学

徳武 定祐(とくたけ さだゆき、1938年6月9日 - )は、東京都豊島区出身(青森県三戸郡五戸町生まれ)の元プロ野球選手内野手)・コーチ監督。旧名は定之

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

早稲田中学校へ入学するも、野球に集中する為に早稲田実業学校高等部へ移籍。2年次の1955年夏の甲子園都予選で準決勝へ進出するが、並木輝男投手を擁する日大三高に9回サヨナラ逆転負け。1956年夏の都予選は同期の醍醐猛夫とクリーンアップを打ち、四番打者、遊撃手として活躍、1年生エース・王貞治の好投もあって勝ち進む。準決勝では明治高と対戦、後に国鉄で同僚となる村田元一の好投に苦しむが2-1で辛勝。決勝は成蹊高に13-1で大勝し、夏の甲子園に出場。1回戦で新宮高を破って2回戦に進出するが、県岐阜商に敗退[1]。高校卒業後は早稲田大学商学部に入学し、東京六大学リーグでは在学中2度の優勝に貢献。1959年大学日本選手権では決勝で関西学院大学を降して優勝。早大では主に三塁を守り、4年時には主将を務め、1960年秋季リーグの早慶六連戦でも活躍。1学年下の安藤元博とともに優勝の原動力となる。本塁への激しい突入プレーで「リンゴ事件の再来か」と言われるなど紛糾の主役となった。リーグ通算88試合出場、313打数92安打、打率.294、3本塁打、46打点。1958年秋季リーグからベストナインに5季連続選出(外野手1回、三塁手4回)された。大学同期に金沢宏(大昭和製紙)、野村徹がいる。

現役時代[編集]

1961年に11球団の争奪戦の末、国鉄スワローズへ入団。当初は巨人から長嶋茂雄を遊撃手、広岡達朗二塁手に回すからと誘われた。実際に長嶋は同期の難波昭二郎との兼ね合い等で13試合に遊撃手として先発出場、広岡も入団初期には15試合に二塁手として先発している。しかし長嶋の大学時代の恩師である砂押邦信監督に「長嶋はショートはできない、巨人に入団しても出番はないからうちに来なさい」と諭され、入団を決めた。金銭面よりも、選手としての出場機会を取った選択だった。国鉄は選手の給料もままならない貧乏球団であったが、同球団としては破格の600万円で契約。「徳武に出す金があるなら国鉄の運賃の値上げを止めろ」という抗議が殺到し、林家三平もこれをネタにした。入団1年目はシーズン途中から4番を任され、球団初のAクラス入りに貢献。佐々木信也、長嶋茂雄に次ぐ史上3人目の新人全イニング出場も果たした。1963年には藤村富美男一軍打撃コーチの指導を受け、生涯一度の打率3割を記録。リーグ打撃成績6位に喰いこみ、オールスターゲームにも出場。また入団から6年間で821試合連続出場の記録を持っていたが、1967年の開幕3戦目でストップ。当時の連続試合出場の記録を持っていた飯田徳治監督は「接戦だったため徳武の記録を忘れていた」と述べたが、どうにも不可解な理由で連続出場記録が止まってしまう。同年は移籍入団の城戸則文と併用され出場機会が減少。1968年河村保彦との交換トレードで、内野手の層の薄い中日ドラゴンズへ移籍。産経時代は板東英二に強く、当時の首脳陣の「徳武を取ったら板東の勝ち星も少しは増えるだろう」という思惑もあった。同年は伊藤竜彦らに代わるレギュラー三塁手として活躍。しかし翌1969年島谷金二が入団すると控えに回り、1970年に現役引退。

指導者として[編集]

引退後はドジャースで1年間学び、帰国後は中日の二軍打撃コーチ(1972年)・一軍打撃コーチ(1973年 - 1976年)・ヘッドコーチ(1992年 - 1995年)、ロッテの一軍打撃コーチ(1977年 - 1978年)・二軍打撃コーチ(1980年 - 1981年)・チーフコーチ(1982年 - 1983年)・二軍監督(1984年 - 1988年)・一軍ヘッド兼打撃コーチ(1990年 - 1991年)、フロント(1979年, 1989年)を歴任。監督代行を務めることが多く、ロッテのヘッドコーチを務めていた1990年6月23日西武戦(西武球場)で、園川一美のボークの判定を巡って金田正一監督が審判の高木敏昭に対して暴行し退場、30日間出場停止となったため、出場停止期間中の監督代行を務めた。また、中日でヘッドコーチを務めていた1995年には、監督の高木守道の辞任に伴い監督代行を務めたが、12勝25敗と低迷し徳武は解任[2]島野育夫二軍監督が昇格し、シーズン終了まで監督代行を務めた。ロッテ、中日共にコーチとして最下位になっている。

その後は、プロ野球マスターズリーグ東京ドリームスのコーチや、母校・早稲田大学の打撃コーチを務める。

元タレントで、2012年3月31日郷ひろみと入籍した徳武利奈は次女。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1961 国鉄
サンケイ
アトムズ
130 537 479 59 122 22 1 9 173 62 7 8 4 4 48 2 2 58 9 .255 .323 .361 .684
1962 134 547 483 44 118 17 1 14 179 54 7 6 2 3 59 1 0 42 12 .244 .325 .371 .695
1963 140 593 524 64 157 26 3 14 231 64 10 5 0 4 63 1 2 35 16 .300 .374 .441 .815
1964 140 593 540 63 142 18 2 15 209 65 5 7 2 4 45 0 1 46 24 .263 .319 .387 .706
1965 140 507 445 32 120 18 1 6 158 44 3 4 6 5 50 0 1 67 16 .270 .341 .355 .696
1966 135 508 453 42 113 20 3 15 184 55 2 1 6 2 45 1 2 54 11 .249 .319 .406 .725
1967 93 233 205 18 53 7 0 6 78 19 0 2 0 3 25 3 0 26 6 .259 .335 .380 .715
1968 中日 113 367 319 28 76 9 0 11 118 31 1 3 6 1 41 1 0 54 8 .238 .324 .370 .694
1969 31 43 39 1 2 0 0 1 5 1 0 0 0 0 4 1 0 8 0 .051 .140 .128 .268
1970 7 6 4 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 1 0 0 2 0 .000 .167 .000 .167
通算:10年 1063 3934 3491 351 903 137 11 91 1335 396 35 36 26 27 381 10 8 382 102 .259 .331 .382 .713
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 国鉄(国鉄スワローズ)は、1965年途中にサンケイ(サンケイスワローズ)に球団名を変更

通算監督成績[編集]

  • 57試合 17勝 39敗 1分 勝率.304

記録[編集]

節目の記録
  • 1000試合出場:1968年9月11日 ※史上135人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 3 (1961年 - 1967年)
  • 11 (1968年 - 1970年)
  • 63 (1972年 - 1986年、1991年)
  • 71 (1987年 - 1988年)
  • 78 (1990年)
  • 83 (1992年)
  • 82 (1993年 - 1995年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 監督代行の代行 日刊スポーツ

関連項目[編集]