徳永恂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

徳永 恂(とくなが まこと、1929年2月14日 - )は、日本の哲学者大阪大学名誉教授、大阪国際大学名誉教授。専門はドイツ現代思想・社会思想史ユダヤ思想フランクフルト学派研究の第一人者。埼玉県浦和市(現さいたま市)出身。

来歴[編集]

浦和市生まれ。伝道者・徳永規矩の孫。兄は医学者・徳永徹。1945年長崎中学、1948年第五高等学校、1951年東京大学文学部卒業、1962-64年フンボルト研究員としてドイツへ留学、テオドール・アドルノに師事する。1976年イスラエルへ留学。北海道大学文学部助教授、大阪大学文学部助教授、大阪大学人間科学部教授、学部長、1992年定年退官、名誉教授、大阪国際大学法政経学部教授、学部長、図書館長、1999年定年退職、名誉教授。日本社会思想史学会代表幹事、神戸ユダヤ文化研究会会長を歴任。1997年『ヴェニスのゲットーにて』で和辻哲郎文化賞受賞。「匙」、「ブレーメン館」等、文学同人誌、関西棋院囲碁五段など、活動・趣味の幅も広い。

著書[編集]

(共)編著[編集]

  • 『社会の哲学』学文社(現代哲学選書)1975
  • 『社会学講座 11 知識社会学』 東京大学出版会 1976
  • 『社会思想史』1-2 平井俊彦共編 有斐閣新書 1978-1979
  • マックス・ウェーバー 著作と思想』 有斐閣新書 1979
  • 『社会思想史 「進歩」とは何か』1980 弘文堂入門双書
  • 『歴史の哲学』高橋昭二共編 北樹出版(現代哲学選書)1980
  • 『フランクフルト学派再考』 弘文堂 1989
  • 『現代社会学群像』鈴木広共編 恒星社厚生閣 1990
  • 『人間ウェーバー 人と政治と学問』厚東洋輔共編 有斐閣 1995
  • 『アドルノ批判のプリズム』平凡社選書 2003
  • 『インド・ユダヤ人の光と闇 ザビエルと異端審問・離散とカースト』小岸昭共著 新曜社 2005

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]