徳田ザウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
徳田ザウルス
本名 徳田 肇
とくだ はじめ
生誕 (1958-12-01) 1958年12月1日
日本の旗 神奈川県横浜市
死没 (2006-03-23) 2006年3月23日(47歳没)
日本の旗神奈川県横浜市
国籍 日本
職業 漫画家
活動期間 1987年 - 2006年
ジャンル 少年漫画
代表作ダッシュ四駆郎
風のレーサー侠
ダッシュボーイ天
テンプレートを表示

徳田 ザウルス(とくだ ザウルス、本名: 徳田 肇(とくだ はじめ)、1958年12月1日 - 2006年3月23日)は、日本漫画家、3DCGイラストレーター神奈川県横浜市出身。J-Mac理事。

人物・略歴[編集]

自動車販売業者に勤務[1]していたが、漫画家を志し退職。

1980年代、当時の月刊コロコロコミック編集部が用意した漫画家用執筆室を利用する常連漫画家志望者の1人として、様々な作家の原稿を手伝う[2]。またコロコロ内の特集記事ページでイラストカットを手掛けることもあった[3]

1987年には以下の出来事が集中する。

  • コロコロ本誌のRC技術解説ページ『前ちゃんのラジコンスクール』のイラストカットを4月号から毎号担当。
  • 夏休み増刊号の読み切り『走れ!前ちゃん』で漫画家デビュー。
  • 本誌11月号の読み切り『前ちゃんのミニ四駆大作戦』を経て、翌12月号から初連載作品『ダッシュ!四駆郎』がスタートする。

その他代表作に『風のレーサー侠』や『ダッシュボーイ天』など。妻の徳田じざべもイラストレーター。

1992年1月28日に急病で倒れ、35日間の意識不明、20日間の危篤状態になり、左足に麻痺が残る。連載中だった『四駆郎』も休載。同年5月5日に復帰[4]。発病前は野菜嫌いで、牛丼の具のタマネギすら残すほどだったという[5]

2006年3月23日午前3時5分、急性心不全のため横浜市内の病院で死去(47歳)。葬儀は日本キリスト教会の系列教会で行われた。

作品リスト[編集]

アシスタント[編集]

参考文献[編集]

  • コロコロ創刊伝説のむらしんぼ) - 5巻(第28話から第32話)で第1次ミニ四駆ブーム時を描いており徳田が主要人物として登場。特に第32話は「漫画家・徳田ザウルス伝説」として彼の漫画家人生を描いている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『コロコロ創刊伝説』5巻133ページ。それ以前の回で本人の「ホンダに勤めていた」とのセリフもあるが、勤務している業者が描かれたコマの看板の一部に「HOND」とあるので、ホンダの系列自動車販売会社だった模様。
  2. ^ たかや健二「コロコロ執筆突撃隊」『熱血!!コロコロ伝説』Vol.2、塚原正寛・荒木淳・関俊行編、小学館〈ワンダーライフスペシャル コロコロ30周年シリーズ〉、2007年、221-227頁。ISBN 978-4-09-106343-4。
  3. ^ 1987年頃のビックリマン特集ページなどで確認できる
  4. ^ 「ダッシュ!四駆郎」14巻あとがきより
  5. ^ 『コロコロ創刊伝説』5巻82ページ。