德田聡一朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
とくだ そういちろう
德田 聡一朗
プロフィール
出身地 日本の旗 日本山口県山口市
生年月日 (1997-06-27) 1997年6月27日(23歳)
血液型 A型
最終学歴 関西大学政策創造学部
勤務局 フジテレビジョン
部署 編成制作局アナウンス室
活動期間 2020年 -
ジャンル 報道
公式サイト フジテレビ・德田聡一朗
担当番組・活動
出演中めざましテレビ
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

德田 聡一朗(とくだ そういちろう、1997年6月27日 - )は、 フジテレビアナウンサー

経歴[編集]

山口県山口市出身。

野田学園高等学校を経て、関西大学政策創造学部・国際アジア法政策学科卒業[1]

高校時代は陸上部に所属し、競歩をしていた[2]。大学時代は写真部に所属した[1]

大学2年春に大阪府のアナウンススクール「声光塾」に入学して、3年間アナウンスを学んだ[3]。その他、フジテレビのアナウンススクールの講座も受講した[4]

大学卒業後の2020年4月、アナウンサーとしてフジテレビに入社。同期入社は佐久間みなみ渡邊渚

人物[編集]

身長176cm[2]

高校3年の2015年に出場した「第66回山口県高等学校総合体育大会」の陸上競技・男子5000m競歩で3位の実績がある(中国地区の中国高校総体出場)[5]

小さな頃からが好きで、大学の講義で、酪農をはじめとした農業林業などの第一次産業の深刻な人手不足が社会問題になっていることを知り、実際に各地の牧場を訪ねて酪農家の方々に話を聞いてみたいと思ったのがきっかけで、牛の魅力を伝えるため「東海道五十三次」にちなみ「東海道五十三ウシ」と銘打って、牛の写真を撮りながら東京・日本橋から京都・三条大橋まで徒歩で旅したことがある。基本のルートは東海道で、1日30kmを目安に、東海道近辺の牧場をリサーチし、アポイントを取って訪問。1カ月で20件の牧場を訪問して約800kmを歩き抜いた。旅を終えてからは、クラウドファンディングで集まったお金でお気に入りの1枚をポストカードにして応援してくれた人にプレゼントした[1]

特技は競歩堺雅人のモノマネ[2]

趣味はベランダでの家庭菜園、タコ釣り[6]

好きなものは、動物では、花ではアジサイキンモクセイ、スポーツでは総合格闘技競歩[6]。苦手なものは、恋話[6]

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c [特集]関大SCALE up・德田聡一朗(008~011ページ)”. 大学案内2020. 関西大学. 2020年9月25日閲覧。
  2. ^ a b c 【フジテレビ 新人アナ】德田聡一朗 88の質問(2020)”. 【公式】フジテレビ人事の就活チャンネル. フジテレビ. 2020年9月25日閲覧。
  3. ^ 主な内定実績 声光塾
  4. ^ 内定情報フジテレビアナウンサースクール『アナトレ』|フジテレビ
  5. ^ 第66回山口県高校総体 男子5000mW(決勝) 3位・德田聡一朗 一般財団法人 山口陸上競技協会
  6. ^ a b c 德田 聡一朗・プロフィール”. アナマガ. フジテレビ. 2020年9月25日閲覧。
  7. ^ “期待のフジ新人アナ「めざまし」発進 渡邊渚&德田聡一朗、28日からフィールドキャスター”. サンケイスポーツ. 産経デジタル: p. 1. (2020年9月22日). https://www.sanspo.com/geino/news/20200922/geo20092205000001-n1.html 2020年9月22日閲覧。 
  8. ^ プライムオンライン TODAY - BSフジ”. www.bsfuji.tv. 2020年9月22日閲覧。
  9. ^ “宮澤智アナ初の報道番組 BSフジ「プライムオンラインTODAY」”. サンケイスポーツ. 産経デジタル. (2020年10月5日). https://www.sanspo.com/geino/news/20201005/geo20100509450011-n1.html 2020年10月5日閲覧。 

関連項目[編集]