心の傷を癒すということ (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
心の傷を癒すということ
ジャンル テレビドラマ
桑原亮子
演出 安達もじり
松岡一史
中泉慧
出演者 柄本佑
尾野真千子
濱田岳
森山直太朗
趙珉和
浅香航大
上川周作
濱田マリ
平岩紙
石橋凌
キムラ緑子
近藤正臣
音楽 世武裕子
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
制作統括 城谷厚司  
プロデューサー 京田光広
堀之内礼二郎
橋本果奈 
製作 NHK大阪放送局
放送
放送チャンネル NHK総合
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2020年1月18日 - 2月8日(予定)
放送時間 土曜 21:00 - 21:49
放送枠 土曜ドラマ
放送分 49分
回数 4
テンプレートを表示

心の傷を癒すということ』(こころのきずをいやすということ)は、阪神・淡路大震災から25年を機にNHK大阪放送局により制作され[1]NHK総合テレビの「土曜ドラマ」枠にて2020年1月18日から2月8日まで放送予定の日本テレビドラマ。連続4回(予定)。阪神・淡路大震災で自ら被災しながらも被災者の心のケアに努めた精神科医安克昌をモデルに、妻との「夫婦の絆」、寄り添い続けた被災者との「心の絆」を描いたヒューマンドラマ。桑原亮子による取材に基づくオリジナルフィクション作品で、安著の同名書籍とは内容が異なる。主演は柄本佑で、妻役を尾野真千子が演じる[2][3]

あらすじ[編集]

はにかみ屋の若き精神科医・安和隆は、プロ級のジャズピアノの腕前を持ちレコードと読書をこよなく愛しつつ、自らの居場所を探し続ける青年期を過ごしていた。やがて在日としての悩みを共有する明るい妻・終子と出会ったことで、心穏やかな日々を送るようになる。

第1子が誕生してまもなく阪神・淡路大震災が発生し、精神科医としてできることを模索する和隆は、被災者に寄り添って話に耳を傾けることで、精神科医ができることは被災者の治療よりも治癒力を回復させる手助けであると覚る。

精神科医として目の当たりにした被災地の様子を記した著書が賞を受賞した矢先、39歳となった和隆にがんが見つかる。

登場人物[編集]

安和隆
演 - 柄本佑
主人公。精神科医。
安終子
演 - 尾野真千子
和隆の妻。
安哲圭
演 - 石橋凌
和隆の父。
朴美里
演 - キムラ緑子
和隆の母。
安智明
演 - 森山直太朗
和隆の兄。
安壮介
演 - 上川周作
和隆の弟。
湯浅浩二
演 - 濱田岳
和隆の親友。
谷村英人
演 - 趙珉和
新聞記者。
ジャズ喫茶のママ
演 - 濱田マリ
北林医師
演 - 浅香航大
和隆の後輩。
新島看護師
演 - 平岩紙
和隆の同僚。
永野良夫
演 - 近藤正臣
和隆の恩師。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NHK大阪放送局の2019年8月28日のツイート2019年8月28日閲覧。
  2. ^ 柄本佑さん主演『心の傷を癒すということ』制作開始!”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2019年8月28日). 2019年8月28日閲覧。
  3. ^ “柄本佑主演、震災後の心のケアに奔走した若き精神科医の物語”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年8月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2143273/full/ 2019年8月28日閲覧。 
NHK総合 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
心の傷を癒すということ
(2020年1月18日 - 2月8日〈予定〉)
-