必殺スペシャル・秋! 仕事人vsオール江戸警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

必殺スペシャル・秋! 仕事人vsオール江戸警察』(ひっさつスペシャルあき しごとにんバーサスオールえどけいさつ)は、1990年10月5日に、テレビ朝日系列で放送された、ABC松竹(京都映画撮影所、現・松竹撮影所)共同製作のテレビ時代劇。主演は藤田まこと

必殺シリーズの長時間スペシャル第17弾である。

概要[編集]

本作は天保の改革が行われていた時期が舞台であり、過去の連続テレビシリーズに登場したことがある、南町奉行・鳥居耀蔵が仕事人最大の敵として登場する。また、『天保水滸伝』の登場人物である平手造酒が仕事人として加わる。

キャスト面では前スペシャルに続いて、滝田栄笑福亭鶴瓶が出演。一方で『必殺仕事人』から出演していた鮎川いずみ演じる何でも屋の加代や、主水の上司の田中・鬼塚が登場するシリーズ最後の作品である。

あらすじ[編集]

時は天保年間。老中・水野忠邦によって天保の改革が断行され、その腹心である鳥居耀蔵、通称「蝮の耀蔵」が南町奉行の任に就く。切れ者の鳥居は、倹約令などの徹底的な施行を厳命し、執拗な仕事人狩りを始める。

そんな中、「闇の会」の依頼を競り落とした加代は仲間を集めようとするが、主水は鳥居の怖さを理由に断り、鶴(からくり屋、笑福亭鶴瓶)も、別の大口の仕事を理由に断る。結局、加代は、太棹の新之助と芸者の駒吉、剃刀の辰の4人で、標的の屋敷に乗り込む。だが、その屋敷は鶴が経緯を知らずに、別の大口の仕事のために作った罠であり、辰が捕縛されてしまう。

辰は拷問の末に舌を噛み切り自害。駒吉も捕らえられて処刑される。なおも鳥居の命を狙う新之助に、主水は身を潜めるよう忠告するが、新之助は主水に自分の素性を話し、妻を鳥居に殺されたため、以前から鳥居に恨みがあったことを明かす。しかし、加代と新之助も隠れ家を見つかり、奉行所に捕縛される。

その頃、主水の前に闇の会の元締が現われる。元締は、鳥居に失脚させられた、前・南町奉行の矢部定謙からの依頼として、鳥居を葬るよう頼み、主水はこれを了承する。他方、鳥居は大物の仕事人が奉行所内部にいると考え、昼行灯とされる主水に目を付ける。鳥居の圧力がかかる中で、加代と新之助の火炙りの刑が下されるが、主水は鶴と協力し、仕掛けを施した処刑台により、2人を無事に助け出す。

処刑された駒吉と恋仲だった、凄腕の剣客・平手造酒は彼女の恨みを晴らすため、一度限りの仕事であることを条件に、主水たちに加勢する。こうして、主水・鶴・新之助・平手・加代の5人は鳥居の部下達を一掃し、主水と新之助は鳥居を殺害した。

登場人物[編集]

仕事人[編集]

元武士。表稼業は、流しの三味線弾き。
からくり屋を表稼業としている男。前回のスペシャルに登場した鶴と同一人物かは不明。
表稼業は芸者。
表稼業に関しては描かれていない。
千葉周作の門下生の剣豪。駒吉の死をきっかけに、千葉道場から姿を消し、酒浸りの自暴自棄な日々を過ごしていた。

※ キャスティング表示は藤田まことがトップで、滝田栄がトメ

仕事人の周辺人物[編集]

主水の姑と妻。
相変わらず、無責任な主水の上司。
お駒の元亭主。
  • 闇の会元締 - 徳田興人

鳥居一派[編集]

その他[編集]

殺し技[編集]

中村主水
大刀・脇差で悪人を斬る、刺す。
太棹の新之助
刃が仕込まれている仕込み三味線で悪人を斬る、刺す。仕込み三味線は『必殺仕事人』のおとわが使用した物と似ているが、おとわが使用していた三味線は先端が槍のようになっているが、こちらの三味線は全体が刀のようになっている。
駒吉(お駒)
着物用の腰紐を悪人の首や手首に投げ、巻き付け相手を引き寄せたところで、腰紐の先端についている鉄製のノミで相手の首筋を刺す。
剃刀の辰
悪人の首筋を、剃刀で瞬時に切り裂く。
手製の竹鉄砲(竹筒)を発射し、悪人を撃ち殺す。竹鉄砲は『新・必殺仕置人』の巳代松が使用した物と似ているが、こちらの竹鉄砲は一度に何発も撃てるように改良されている。
平田深喜(平手造酒)
剣の達人であり、大刀で、悪人を斬り倒す。

スタッフ[編集]

  • 制作 - 山内久司(ABC)
  • 脚本 - 保利吉紀
  • 音楽 - 平尾昌晃・中村啓二郎
  • 監督 - 原田雄一
  • 撮影 - 石原興
  • 照明 - 中島利男
  • 武術指導 - 東郷秀信
  • 殺陣 - 布目真爾
  • 記録 - 川原富美子
  • 助監督 - 北村義樹
  • 現像 - IMAGICA
  • 協力 - エクラン演技集団・新演技座
  • プロデューサー - 奥田哲雄・福永善夫(ABC)・桜林甫・武田功(松竹
  • 制作協力 - 京都映画撮影所(現・松竹撮影所)
  • 制作 - ABC、松竹

主題歌[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 必殺スペシャル DVD-BOX上巻 封入解説書