必殺仕掛人 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

必殺仕掛人』(ひっさつしかけにん)は、1973年6月9日に公開された日本時代劇映画。製作は松竹で、テレビシリーズ『必殺仕掛人』の終了後に公開された。

本項では第2作『必殺仕掛人 梅安蟻地獄』と第3作『必殺仕掛人 春雪仕掛針』も併せて説明する。

概要[編集]

テレビシリーズの人気を受けて制作され、映画も成功して第3作まで製作された。オリジナルエピソードが多かったテレビ版に対し、映画シリーズでは原作小説を元にしているが、アレンジも行われている(各節の説明を参照)。

テレビ版のイメージを受け継ぎ、音羽屋半右衛門は山村聰が一貫して演じた。オープニングナレーションは山村聡が担当し、口上はテレビ版とほぼ同じだが、「人知れず」の部分が省略されている。岬の千蔵も津坂匡章が演じているが、第3作には登場しない。

一方、主役キャストは変更されており、第1作では藤枝梅安を田宮二郎が、西村左内を高橋幸治が演じ、テレビ版とは異なる。また、左内の息子は大介に変更されており、妻の美代ともどもキャストがテレビ版から変更されている。

第2作では梅安は緒形拳に変更されたが、林与一は左内ではなく小杉十五郎を演じており、このコンビで第3作も製作された(左内についての言及はない)。

監督は第2作までが渡邊祐介、第3作が貞永方久である。

主要キャスト・監督の変遷
キャスト・監督 第1作 第2作 第3作
藤枝梅安 田宮二郎 緒形拳 緒形拳
西村佐内 高橋幸治 - -
小杉十五郎 - 林与一 林与一
岬の千蔵 津坂匡章 津坂匡章 -
おもん - ひろみどり ひろみどり
監督 渡邊祐介 渡邊祐介 貞永方久

必殺仕掛人[編集]

必殺仕掛人
監督 渡邊祐介
脚本 渡邊祐介
安倍徹郎
製作 織田明
出演者 田宮二郎
高橋幸治
山村聰
野際陽子
川地民夫
津坂匡章
音楽 鏑木創
撮影 小杉正雄
編集 寺田昭光
配給 松竹
公開 日本の旗 1973年6月9日
上映時間 87分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 必殺仕掛人 梅安蟻地獄
テンプレートを表示

1973年6月9日公開。

テレビシリーズの大人気を受けて制作された、劇場版第1作。各種設定は、テレビシリーズを元にしている。注目点は主人公2人、梅安と左内のキャストが変更されていることで、梅安は田宮二郎、左内を高橋幸治が演じている。半右衛門はテレビと同じく、山村聡が演じた。

原作「おんなごろし」と短編「梅雨の湯豆腐」をミックスしたストーリー。なお、梅安が結果的に手に掛けることになる実の妹の吉について、原作、テレビとは異なり、梅安が自分の妹だと最後まではっきり悟らないといったアレンジがなされている。

一部キャストは、テレビ版第1話ないし最終話に重要な役で登場した人物が起用されている(三津田健が最終話、浜田寅彦が第1話と最終話、室田日出男が第1話)。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督 - 渡辺祐介
  • 脚本 - 渡辺祐介、安倍徹郎
  • 原作 - 池波正太郎
  • 製作 - 織田明
  • 撮影 - 小杉正雄
  • 美術 - 森田郷平
  • 音楽 - 鏑木創
  • 録音 - 中村寛
  • 照明 - 佐久間丈彦
  • 編集 - 寺田昭光
  • 助監督 - 白木慶二
  • スチール - 長谷川宗平

必殺仕掛人 梅安蟻地獄[編集]

必殺仕掛人 梅安蟻地獄
監督 渡邊祐介
脚本 宮川一郎
渡邊祐介
原作 池波正太郎
製作 織田明
出演者 緒形拳
山村聰
林与一
松尾嘉代
津坂匡章
佐藤慶
音楽 鏑木創
撮影 小杉正雄
編集 寺田昭光
配給 松竹
公開 日本の旗 1973年9月29日
上映時間 91分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 必殺仕掛人
次作 必殺仕掛人 春雪仕掛針
テンプレートを表示

1973年9月29日公開。

第1作の好評を受けて制作された劇場版第2作で、原作「梅安蟻地獄」の映画化。観客の要望により、メインキャスト2人がテレビの緒形拳、林与一に変更された。原作「梅安」で活躍した浪人剣士、小杉十五郎が映像作品 初登場。そのため、西村左内は登場せず、林が十五郎を演じている。

前作やテレビのキャストにはなかった、梅安の妾おもんも登場。後述の次作ともに、ひろみどりが演じた。仇役の佐藤慶小池朝雄が、狡猾な商人・伊豆屋長兵衛とその弟の山崎宗伯をそれぞれ演じた。

キャスト(第2作)[編集]

スタッフ(第2作)[編集]

  • 監督 - 渡辺祐介
  • 脚本 - 宮川一郎、渡辺祐介
  • 原作 - 池波正太郎
  • 製作 - 織田明
  • 撮影 - 小杉正雄
  • 美術 - 森田郷平
  • 音楽 - 鏑木創
  • 録音 - 中村寛
  • 照明 - 佐久間丈彦
  • 編集 - 寺田昭光
  • 助監督 - 白木慶二
  • スチール - 小尾健彦

必殺仕掛人 春雪仕掛針[編集]

必殺仕掛人 春雪仕掛針
監督 貞永方久
脚本 安倍徹郎
原作 池波正太郎
製作 織田明
出演者 緒形拳
林与一
山村聰
岩下志麻
夏八木勲
高橋長英
音楽 鏑木創
撮影 丸山恵司
編集 太田和夫
配給 松竹
公開 日本の旗 1974年2月16日
上映時間 89分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 必殺仕掛人 梅安蟻地獄
テンプレートを表示

1974年2月16日公開。

仇役に岩下志麻を迎えて制作された、劇場版第3作にして最終作。原作「春雪仕掛針」の名を冠しているが、原作の内容とはまったく違うオリジナルストーリーである。第2作『梅安蟻地獄』に続き、梅安=緒形、十五郎=林、半右衛門=山村のキャスティング。梅安が妹殺しを自覚していた点が、1作目と異なっている。

同じ池波正太郎原作の小説「鬼平犯科帳」の登場人物の猿塚の千代(「女賊」)、蓑火の喜之助(「老盗の夢」ほか)が登場し、岩下志麻が千代を、佐々木孝丸が喜之助を演じている。

キャスト(第3作)[編集]

スタッフ(第3作)[編集]

  • 監督 - 貞永方久
  • 脚本 - 安倍徹郎
  • 原作 - 池波正太郎
  • 製作 - 織田明
  • 撮影 - 丸川恵司
  • 美術 - 梅田千代夫
  • 音楽 - 鏑木創
  • 録音 - 平松時夫
  • 照明 - 三浦礼
  • 編集 - 太田和夫
  • 助監督 - 熊谷勲
  • スチール - 長谷川宗平

脚注[編集]

[脚注の使い方]