忍ぶ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

忍ぶ川』(しのぶかわ)は、三浦哲郎小説、またそれを原作とした映画、ドラマ化作品である。小説は『新潮1960年10月号に掲載、同年に第44回芥川賞を受賞した。

映画[編集]

映画『忍ぶ川』は1972年5月25日公開[1]俳優座作品。東宝配給。モノクロ・スタンダード作品。併映は『白鳥の歌なんか聞こえない』(原作:庄司薫、監督:渡辺邦彦、主演:岡田裕介)。監督の熊井は構想段階では吉永小百合を主演に予定していたが[2]、劇中のシーンの問題などから吉永の親族と軋轢を起こし[3]、結局吉永の主演が実現しなかったばかりか、後に吉永の母の手記で名指しされ痛烈に批判されるなど、しこりが残った。最終的にヒロイン志乃を演じた栗原小巻はその容姿、演技力と、大女優には珍しいヌード・シーンが評判となり、この映画は『栗原の代表作の一つ』となっている[4]。なおキネマ旬報の最優秀女優賞では、僅差で栗原小巻が伊佐山ひろ子に敗れ、これも映画界で大いに話題になった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:熊井啓
  • 製作:佐藤正之椎野英之
  • 脚本:長谷部慶治、熊井啓
  • 撮影:黒田清巳
  • 音楽:松村禎三
  • 美術:木村威夫
  • 編集:井上治、丹治光代
  • 録音:太田六敏
  • 照明:岡本健一
  • スチール:岩井隆志
  • 監督補佐:宮川孝至
  • 助監督:佐川功
  • 製作担当:森園忠
  • 題字:賀茂牛道人
  • 協力:米沢市役所、米沢新聞社

テレビドラマ[編集]

東芝日曜劇場
『忍ぶ川』
ジャンル テレビドラマ
原作 三浦哲郎
脚本 八住利雄
出演者 大空眞弓山本勝ほか
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
プロデューサー 石井ふく子
製作 TBS
放送
放送チャンネル TBSテレビ
映像形式 4:3
音声形式 モノラル
放送国・地域 日本の旗 日本
放送時間 日曜日21:30 - 22:26
放送枠 東芝日曜劇場
放送分 56分
回数 全3回
忍ぶ川
放送チャンネル TBSテレビ
映像形式 4:3
音声形式 モノラル
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1961年1月22日
放送時間 日曜日21:30- 22:26
放送分 56分
続・忍ぶ川
放送チャンネル TBSテレビ
映像形式 4:3
音声形式 モノラル
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1962年1月21日
放送時間 日曜日21:30 - 22:26
放送分 56分
忍ぶ川 その三
放送チャンネル TBSテレビ
映像形式 4:3
音声形式 モノラル
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1963年1月20日
放送時間 日曜日21:30 - 22:26
放送分 56分
テンプレートを表示

1961年版[編集]

1961年1月22日TBS東芝日曜劇場」枠にて放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

1962年版[編集]

1962年1月21日に『続・忍ぶ川』のタイトルで、TBS東芝日曜劇場」枠にて放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • プロデューサー - 石井ふく子
  • 脚本 - 八住利雄
  • 制作 - TBS

1963年版[編集]

1963年1月20日に『忍ぶ川 その三』のタイトルで、TBS東芝日曜劇場」枠にて放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • プロデューサー - 石井ふく子
  • 制作 - TBS

1975年版[編集]

1975年7月7日 - 8月29日TBS花王 愛の劇場」枠にて放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

TBS 花王 愛の劇場
前番組 番組名 次番組
赤い殺意
(1975.5.6 - 1975.7.4)
忍ぶ川
(1975.7.7 - 1975.8.29)
ここに幸あり
(1975.9.1 - 1975.10.31)

2000年版[編集]

2000年3月8日に『にっぽんの名作・朗読紀行「忍ぶ川」』のタイトルで、NHKBShiにて放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 演出 - 大林宣彦 
  • プロデューサー - 川村尚敬
  • 制作 - NHK
  • 共同制作 - KAZUMO

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ http://movies.yahoo.co.jp/movie/143984/
  2. ^ 忍ぶ川③吉永小百合が候補に熊井啓への旅、市民タイムス
  3. ^ 忍ぶ川④悲願の映画化 暗礁に熊井啓への旅、市民タイムス
  4. ^ 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.66.