忍者プリンセス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
忍者プリンセス
ジャンル アクションシューティング
対応機種 アーケード (AC)
開発元 セガ第1AM研究開発部
発売元 セガ
デザイナー 川崎吉喜
美術 小玉理恵子
人数 1 - 2人(交互プレイ)
メディア 業務用基板
(168.25キロバイト
稼働時期 日本 1985031985年3月
アメリカ合衆国 1985年
デバイス 8方向レバー
3ボタン
システム基板 セガシステム1
CPU Z80 (@ 4 MHz)×3
サウンド SN76489A (@ 2 MHz)
SN76489A (@ 4 MHz)
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
256×224ピクセル
60.00Hz
パレット1536色
テンプレートを表示

忍者プリンセス』(にんじゃプリンセス)は、セガ・エンタープライゼスより1985年に稼働されたアーケードアクションシューティングゲーム。日本国外版のタイトルは『Sega Ninja[1]

1986年にSG-1000MSXセガ・マークIIIに移植された他、2003年に携帯電話のJavaアプリ用ソフトとして配信された。アーケード版は後にセガサターン用ソフト『SEGA AGES メモリアルセレクション VOL.2』(1997年)に収録された。

概要[編集]

ジャンルはタイトーより稼働された『フロントライン』(1982年)やカプコンより稼働された『戦場の狼』(1985年)に類する、アクションシューティングゲーム。基本的には上方向への任意スクロールだが、一部強制スクロールする場面もある。

反逆者「玉露左衛門」により寒天城を追われた主人公「くるみプリンセス」が、忍者として城の奪還に向かうストーリー。各面には「ぷうま忍群」などの手の者が立ちはだかるほか、最後にはボスである首領大蒜(STEP 1 - 12)や玉露左衛門(STEP 13 - 16)が登場。ボスは手裏剣を10回当てなければ倒せない。ボスを倒すとクリアとなり、その面の命中率に応じてスコアが加算される(100%の場合はさらに5万点のボーナス)。

ラストボスの玉露左衛門を倒すと、エンディングののち次の周回に入る(ループゲーム)。敵の攻撃を受けるか、タイムオーバーでミスとなる。

ゲーム内容[編集]

8方向レバーと3ボタンで操作。ボタンは以下の行動に対応している。

前打ち手裏剣
主人公の向きに関わらず、つねに画面上方向に手裏剣を投げる。
八方向手裏剣
主人公の向いている方に手裏剣を投げる。
消えボタン
主人公の姿がごく短時間消え、その間はダメージを受けなくなる「消えの術」を使う。
術には使用制限がなく何度でも使えるが、効果中は攻撃できない(移動は可能)。

設定[編集]

ストーリー[編集]

ステージ構成[編集]

STEP 1「平原」
木はメッシュ処理により、背後にいるキャラクターも視認できる。また茂みに入ると移動速度が低下。
STEP 2「村」
水田や川に入ると移動速度が低下。
STEP 3「岩場」
左上方向への強制スクロール面。左上方向よりつねに岩石が落下してくる。岩石は手裏剣の障害にはならないが、当たるとミス。
STEP 4「草原」
上方向への強制スクロール面。狼が襲ってくる。(狼は敵忍が化けている)
STEP 5「神社」
敵が鳥居や屋根に隠れてる。
STEP 6「川」
右方向への強制スクロール面。流木の上のみ移動できる(コナミフロッガー』と同様)。
STEP 7「町」
建物が建ち並んでおり、その陰に敵がひそんでいる。
STEP 8「大通り」
左方向への強制スクロール面。左方向よりつねに暴れ馬が走ってくる。暴れ馬はSTEP 3の岩石と同じく、手裏剣は通り抜けるが主人公が接触するとミスとなる。(倒すことは不可能。)
STEP 9「武家屋敷」
塀に囲まれており、移動範囲が大きく制限される。また行き止まりもある。
STEP 10「石垣(1)」
石垣を登っていく。全編を通して移動速度が遅く、またミスすると堀まで落ち、最初からやり直しとなる。ボスは屋根の上から降りてこないため、後退しつつ前打ち手裏剣を打ち込む戦法が採れない。
STEP 11「城の庭(1)」
林や石段がある。
STEP 12「石垣(2)」
STEP 10と同じ。
STEP 13「城の庭(2)」
STEP 11と同じ。
STEP 14「城の地下」
行き止まりがある。
STEP 15「城の板の間」
障害物がほとんどなく、ステージも短い。
STEP 16「城のたたみの間」
STEP 15と同様。

移植版[編集]

移植版ではオリジナルの謎解き要素が加わっているものがある。

謎解き要素は、隠された5本の巻物を見つけて「城の庭(2)」にある隠し階段のヒントを得て、地下室にいる真のラストボスを倒さなければ、エンディングが見られないというもの。アーケード版と同じルートをたどると偽のラストボスにたどり着き、倒してもSTEP 1に戻される。また、5本の巻物をすべて集めた状態で隠し階段を進まなかった場合は、「城の庭(1)」に戻される。真のラストボスを倒すと、エンディングののちゲームは終了する(ループしない)が、命中率100%を出すのは難しく、全体的に難易度は高め。

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 備考
1 忍者プリンセス 日本 1986年
SG-1000 セガ セガ マイカード C-65 -
2 忍者プリンセス 日本 1986年
MSX - ポニーキャニオン ロムカセット R49X5808 -
3 忍者プリンセス1メガ版 忍者 日本 198611081986年11月8日
セガ・マークIII セガ第二研究開発部 セガ ロムカセット G-1308 -
4 SEGA AGES メモリアルセレクション VOL.2 日本 199711271997年11月27日
セガサターン セガCS1 セガ CD-ROM GS-9163 -
5 忍者プリンセス 日本 2003年7月4日[2]
Jフォン
Javaアプリ
- セガ ダウンロード
(セガエイジス)
- -
SG-1000版
  • 半画面単位での画面切換方式。アーケード版のSTEP 3、6、8がカットされ、「草原」(本作でのSTEP 3)は強制スクロールではなくなっている。また「石垣(2)」(本作でのSTEP 9)は、巻物を取った時点でクリア。
MSX版
  • SG-1000版の移植作。
セガ・マークIII版
  • 移植に際し設定が変わり、主人公が男性忍者の「風丸」に、乗り込む城が「大神城」となった。マークⅢ版と言う事もあり、グラフィックが大幅にアップされているが、サウンドは完全にオリジナルとなっている。またSG-1000版になかった強制スクロール面が実現しているが、ステージはSTEP 2、5がカットされ、「草原」(本作でのSTEP 3)は引き続き強制スクロールではなくなっている。また、「草原」と「川」のあいだに、本作オリジナル面が入っている。また「石垣」面では最上部に投石器が備わっている。また命中率0%を出すと一千万点ボーナスが加算されるが、9機までしかストックできない。海外版はタイトル画面が異なる。
セガサターン版
  • アーケード版の完全移植作品であり、家庭用オリジナル要素はない。
携帯アプリ版

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 英語版記事(en:Sega_Ninja)を参照。
  2. ^ 津田啓夢 (2003年7月4日). “セガ、J-スカイ向けにアクションゲーム「忍者プリンセス」など”. ケータイ Watch. インプレス. 2017年11月7日閲覧。

関連項目[編集]