忍 -SHINOBI-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
忍 -SHINOBI-
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 アーケード (AC)
開発元 セガ第1AM研究開発部
(チーム・シノビ)
発売元 セガ
ディレクター 菅野豊
音楽 川上康広
シリーズ 忍シリーズ
人数 1 - 2人(交互プレイ)
メディア 業務用基板(1.00メガバイト
稼働時期 日本 1987111987年11月
対象年齢 日本 CEROB(12才以上対象)
アメリカ合衆国 ESRBE10+(10歳以上)
ヨーロッパ PEGI12
ニュージーランドの旗OFLCPG
コンテンツ
アイコン
日本 暴力
アメリカ合衆国 Mild Violence
ヨーロッパ Violence
デバイス 8方向レバー
3ボタン
システム基板 セガ・システム16B
CPU MC68000 (@ 10 MHz)
サウンド Z80 (@ 5 MHz)
YM2151 (@ 4 MHz)
μPD7759 (@ 640 kHz)
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
320×224ピクセル
60.00Hz
パレット2048色
テンプレートを表示

忍 -SHINOBI-』は1987年11月に日本のセガ)から稼働されたアーケード横スクロールアクションゲーム

現代の日本、あるいはアメリカ合衆国を舞台とし、主人公の忍者「ジョー・ムサシ」を操作してさらわれた子供の忍者達を救出しつつ、黒幕忍者を倒すのが目的。ジャンルとしてはステージをクリアして最終ボスキャラを倒す、面クリア方式のアクションゲームとなっている。当時としてはスタンダードな2Dタイプのグラフィックで描画される。

開発はセガ第1AM研究開発部が行い、ディレクターは後にメガドライブ用ソフト『ソニック・スピンボール』(1993年)を手掛けた菅野豊が担当、音楽は後にアイレムスーパーファミコン用ソフト『SUPER R-TYPE』(1991年)を手掛けた川上康広が担当している。

本作は日本国内ではセガ・マークIIIPCエンジンに移植されたが、日本国外で特に人気を博し、欧州では各種ホビーパソコンなど様々な機種に移植された。また、NESでも非ライセンスではあるが発売された(各機種版の詳細な情報は#移植版を参照)。アーケード版は2009年Xbox 360用ソフトとしてXbox Live Arcadeにて配信された他、Wii用ソフトとしてバーチャルコンソールアーケードにて配信された。2019年にはNintendo Switch用ソフトとしてニンテンドーeショップにて配信された。

後に続編となるメガドライブ用ソフト『ザ・スーパー忍』(1989年)が発売され、以後シリーズ化された。

概要[編集]

攻撃方法は刀・拳銃・手裏剣・忍術があり敵との距離で自動的に変わり、近接状態では刀を用い(キックを繰り出すこともある)離れると飛び道具で攻撃する。

忍術は各面につき1回だけ使用できる。分身・稲妻・竜巻と3種類の忍術があるが、どの忍術を使うかは面毎に決まっており選択することはできない。

1度も飛び道具や忍術を使わずに面クリアするとそれに応じた隠しボーナス点が得られる。これを通称「忍」ボーナスと呼び、以降他のゲームにおいても同様のシステムが採用されることがあった。

ゲーム内容[編集]

4方向レバーと攻撃、ジャンプ、忍術の3ボタンで操作する。

攻撃ボタンを押すことで敵キャラクターへの攻撃を行う。敵キャラクターと離れている時は手裏剣による攻撃を行い、敵キャラクターと近接している時はパンチやキックでの攻撃を自動的に切り分けて行う。

救出した子供忍者の中にパワーアップ機能を持つキャラクターがおり、その場合手裏剣攻撃は銃攻撃へ、パンチ、キック攻撃は忍者刀攻撃へと切り替わる。

移動はレバー左右によって左右移動を行い、下を押すことでしゃがむことができる。また、しゃがんだまま左右移動や攻撃も可能。

ジャンプボタンによってジャンプすることができ、敵の攻撃を回避するほかにジャンプ攻撃もできる。場所によっては上下2ラインになっているため、上を押しながらジャンプすると上階へ、下を押しながらジャンプすると下階へ移動できる。

忍術は各ステージにつき忍術ボタンを押すことで1回だけ使用できる。忍術には3種類あり、ステージによって使用できる忍術が決まっているため選択することはできない。忍術の効果は全て敵全体への攻撃となっている。

忍術の種類
  • 分身の術 - 主人公の分身が8方向へ飛び交う。
  • 稲妻の術 - 主人公の体から稲妻を出す。
  • 竜巻の術 - 主人公の周りに竜巻を起こす。

敵と接触しても弾かれるのみで、それだけではミスとならず、敵からの攻撃を受けた時点でミスとなる。体力ゲージなどはなく、攻撃を受けた際や穴に落ちた際に1ミスとなり、全てのライフメーター(残機)を失うとゲームオーバーとなる。

主人公には5つの「ミッション」(指令)が与えられ、それぞれ3〜4つのステージで構成されている。ミッション1のみ3つのステージになっており、他のミッションは4ステージとなっている(全19ステージ)。 ステージ1〜3(ミッション1のみ1〜2)では子供忍者を全員救出することが目的となり、全員救出しないと次ステージへ進むことができない。 最後のステージではボス敵が登場し、ボスキャラクターを倒すことで次のミッションへと進むことができる。

各ミッション間にはボーナスステージがあり、このステージのみ3D画面となっている。画面奥から走って迫ってくる敵忍者を全て倒せばボーナスポイントが獲得できる。1人でも逃すと画面上の目前に忍者が現れミスとなりボーナスポイントは獲得できない。

BGMは通常面では4種類あり、各ステージごとに使い回しとなっている。また、ボス敵用のBGMもあるが、ミッション2のボスのみ専用BGMとなっている。

設定[編集]

ストーリー[編集]

某A国において、伊賀の血を引く忍一派の村から子供忍者が次々とさらわれる事件が発生した。忍者たちの必死の捜索の結果、世界制覇を企む犯罪シンジケート「ZEED」の仕業であることが分かった。村の若き忍者、「ジョー・ムサシ」のもとに子供忍者を救いだし、「ZEED」を倒すよう指令が下った。ジョー・ムサシは、鍛えられた体術と忍術を駆使しながら、悪の組織の秘密基地を目指す。

ステージ構成[編集]

MISSION 1 「テロリストを追え!」
スラム街が舞台となっている。
MISSION 2 「アジトに潜入せよ!」
港が舞台となっている。
MISSION 3 「補給基地を叩け!」
基地が舞台となっている。
MISSION 4 「ニンジャ部隊を打ち破れ!」
訓練所が舞台となっている。
MISSION 5 「黒幕ニンジャを倒せ!」
屋敷が舞台となっている。このミッションのみコンティニュー不可となっている。

登場キャラクター[編集]

  • ジョー・ムサシ
    本作の主人公。体術、忍術を駆使し子供忍者の救出と「ZEED」壊滅を目的とする。
  • 子供忍者
    各ステージに一定数配置されている。体を縛られており、動くことはできない。触れることで救出することができる。

敵キャラクター[編集]

  • 突忍モヒ
    髪型がモヒカンになっている。キック攻撃を行う。
  • 銃忍ガン
    銃を構えており、銃を撃ってくる。立って撃つ場合と、伏せ撃ちをする場合がある。立って撃つ場合は、数発ごとに銃弾の入れ替えを行う。
  • 短刀忍ジャックナイフ
    主人公に向けて突進してくる。通常触れただけではミスとならないが、ナイフに触れた場合はミスとなる。動きが速い。
  • ハッサン
    子供忍者の番兵。髪型が弁髪になっており、青龍刀を振り下ろしてくる。
  • マーサン
    ハッサンの色違い。刀を投げつけてくる。
  • 蜘蛛忍スパイダー
    壁を這うように移動し、主人公目がけて体当たり攻撃をする。触れただけでミスとなる。
  • 緑忍者(グリーン)
    ミッション2以降登場。横移動のみ行い、刀で攻撃する。障害物はジャンプで乗り越える。
  • 青忍者(ブルー)
    ミッション2以降登場。横移動以外に、ジャンプによる回転攻撃を行う。
  • 赤忍者(レッド)
    ミッション3以降登場。主人公の目の前でジャンプし、振り向きざまに刀で攻撃する。
  • 黄忍者(イエロー)
    ミッション2ステージ4のみ登場。主人公の攻撃をジャンプで回避する。
  • 水忍スキューバ
    ミッション2ステージ2のみ登場。水中からジャンプし刀で攻撃する。酸素ボンベを背負っている。
  • 砲忍バズーカ
    ミッション3以降登場。米軍兵士のような姿をしており、バズーカ砲で攻撃してくる。
  • 狂忍ジャンキーヘッド
    ミッション4以降登場。上半身裸になっている。ジャンプ攻撃を仕掛けてくる。足場の悪いステージにのみ登場し、触れてもミスとはならないが、弾かれて穴に落ちる危険性がある。
  • 道化忍スカル
    ミッション4以降登場。骸骨の忍者。骨を投げつけて攻撃してくる。攻撃すると砕け散って倒れる。
  • カラス天狗ルーク
    ミッション4ステージ2、3で登場。体当たり攻撃を仕掛けてくる。
  • 僧忍ボーズ
    僧侶のような姿をしている。棒術による攻撃を行う。倒さずにいると主人公を追いかけてくる。

ボスキャラクター[編集]

  • 大炎忍ケンオー
    ミッション1に登場。和式のを被っており、8方向に移動する炎で攻撃する。弱点は頭。
  • ブラックタートル
    ミッション2に登場。大型のヘリコプターであり、ミサイル攻撃を行う。機内から黄忍者が現れ同時に攻撃する。弱点は機体前部。このボスのみ専用BGMとなっている。
  • マンダラ
    ミッション3に登場。観音のような姿をしている。上下左右に並んでおり、攻撃すると回転する。背部には攻撃できないため、回転した際には連続攻撃ができない。全てのマンダラを倒すと、奥にマンダラマスターがいる。上下に移動しながら2種類の軌道を描く球体で攻撃してくる。弱点は目。
  • 大魔忍ロブスター
    ミッション4に登場。鎧武者の姿をしており、左右に移動する。主人公に対して突進し、刀で切りつけてくる。弱点は頭。
  • マスクドニンジャ
    ミッション5に登場。般若の面を被った忍者。犯罪シンジケート「ZEED」の総帥であり、最後のボスキャラクター。主人公と同じ忍術を使用する。初期段階では稲妻の術、第2段階で竜巻の術、第3段階で分身の術を使用し、第4段階では素早く動き回りパンチ、キック攻撃を行う。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数・備考
1 忍 -SHINOBI- 日本 198806191988年6月19日
アメリカ合衆国 1988091988年9月
ヨーロッパ 1988年
セガ・マークIII
(SG-1000III)
セガ セガ 2メガビットロムカセット[1] 日本 202007302020年7月30日
アメリカ合衆国 7009
ヨーロッパ MK-7009-50
セガ・マークIII(SG-1000III)の
FMサウンドユニットに対応。
2 SHINOBI アメリカ合衆国 1989091989年9月
ヨーロッパ 1989091989年9月
Amiga
Amstrad CPC
Atari ST
Binary Design Sales Curve フロッピーディスク
カセットテープ
-
3 SHINOBI アメリカ合衆国 1989091989年9月
ヨーロッパ 1989091989年9月
コモドール64
ZX Spectrum
Sales Curve Virgin Mastertronic フロッピーディスク
カセットテープ
- 北米ではコモドール64版のみ発売
4 SHINOBI アメリカ合衆国 1989年
PC/AT互換機 Micromosaics セガ フロッピーディスク -
5 SHINOBI アメリカ合衆国 1989年
NES テンゲン テンゲン ロムカセット -
6 SHINOBI ヨーロッパ 1989年
MSX Binary Design Virgin Mastertronic フロッピーディスク -
7 忍 -SHINOBI- 日本 198912081989年12月8日
PCエンジン デュアル アスミック 3メガビットHuCARD[2] AS01001
8 アメリカ合衆国 Sonic's Ultimate Genesis Collection
ヨーロッパ SEGA Mega Drive Ultimate Collection
アメリカ合衆国 200902102009年2月10日
ヨーロッパ 200902202009年2月20日
PlayStation 3
Xbox 360
Backbone Entertainment セガ Blu-ray Disc
DVD-ROM
PS3:アメリカ合衆国 BLUS-30259
ヨーロッパ BLES-00475
XB360:アメリカ合衆国 68034
ヨーロッパ 384-40210
アーケード版の移植
9 忍 -SHINOBI- INT 2009年6月10日[3]
Xbox 360
(Xbox Live Arcade)
Backbone Vancouver セガ ダウンロード - アーケード版の移植
10 忍 -SHINOBI- 日本 2009年7月14日[4]
アメリカ合衆国 200912072009年12月7日
ヨーロッパ 200910232009年10月23日
Wii エムツー セガ ダウンロード
バーチャルコンソールアーケード
- アーケード版の移植。
日本では2019年1月31日 配信・販売終了。
11 SEGA AGES
SHINOBI 忍
日本 2019年10月31日[5][6]
Nintendo Switch
(ニンテンドーeショップ)
エムツー セガゲームス ダウンロ-ド - アーケード版の移植

セガ・マークIII版[編集]

グラフィックは全て新しく描き直され、キャラクターは小さくなった。また、ゲームルールにもアレンジが加わっている。プレイヤーに体力ゲージが設定され、近接攻撃・遠距離攻撃共にパワーアップする事ができ、忍術はボーナスステージでの入手となった。ただし忍術はボス戦では使えず、通常ステージでも使用できる合図が出ないと使用できないので殆ど役に立たない事がある(中盤~後半辺りから使用可能)。また2面のボス戦では若干、動きがぎこちなくなる。ラスボスのマスクドニンジャを倒してもエンディングはなく、「GAMEOVER」と表示されるのみである。

PCエンジン版[編集]

1989年にアスミックより発売。業務用にあった制限時間及び残りタイムボーナスを廃止。グラフィックは業務用にかなり近いながらも、ミッション2の全面削除により全4面となっている。また、ボーナスステージ、音声合成、刀等の近接攻撃全般が削除となっている他、飛び道具は手裏剣のみになった。その他、以下の敵キャラクターが削除されているが、代わりに銃忍ガン2(銃忍ガンの色違いで攻撃を2回当てないと倒せない)、黒忍者(ブラック)と白忍者(ホワイト)が追加されている。

削除されたキャラクター
  • 水忍スキューバ
  • 砲忍バズーカ
  • 蜘蛛忍スパイダー - ブルースパイダーと名称を変更。
  • 狂忍ジャンキーヘッド - ブルースパイダーの色違いでグリーンスパイダーとして登場する。
  • 道化忍スカル
  • カラス天狗ルーク
  • 僧忍ボーズ
  • ブラックタートル

Xbox 360版[編集]

Xbox LIVE ARCADEタイトルとして、ダウンロード配信。業務用に非常に忠実だが、ゲーム進行状況のセーブ等の新機能が付いた。

Wii版[編集]

バーチャルコンソールアーケードタイトルとして、ダウンロード配信。こちらも比較的業務用に忠実。

HOMEボタンからゲーム終了でプレイを中断できるレジューム機能あり。

ゲームオプションで難度、残機、敵弾の速度等の設定が可能。

Wiiショッピングチャンネル」のサービス終了に伴い、2019年1月31日14時59分を以って配信・販売は終了している[7]。既にダウンロード・購入し本体や記録媒体に収録されているものについては、当面はプレイ可能。

Nintendo Switch[編集]

2018年よりセガ(ゲームス)が展開中である新生SEGA AGESシリーズの第13作目として、日本では2019年10月31日にリリース(ダウンロード専売)。日本版と海外版が同時収録され、プレイ前に選択可能。

※下記の付加価値要素はプレイ前にオプションでON/OFFが可能。

「時間戻し」を搭載。ゲームプレイ中ボタン一つで即座に数秒前の状態に戻せる。忍術的な名称だが本来のゲームデザインに組み込まれたものではなく、オプション機能の一つ。(他の「SEGA AGES」シリーズ作品の幾つかにも名前は違うが同様の機能がある)
このほか、「忍ボーナス」チャレンジプレイをし易くする近接攻撃専用ボタンや、あるステージのボスキャラ攻略に絶大な効果を発揮するボタン連射機能が追加された他、「Joy-Con」の基本機能である「HD振動」連動プレイも実装。
「画面モード」には新たに「キャビネット」が追加。本作稼働開始当時に使われていたセガの汎用ゲーム筐体「エアロシティ[注 2] 」のモニタ部分に映像が映るようになっている。「キャビネット」でプレイする時のみ、往時のゲームセンター店内の雰囲気をイメージした環境音がゲーム音楽にミックスされる。
アレンジモードにあたる「AGESモード」ではジョー・ムサシが白装束に変わり、『ザ・スーパー忍』(TSS)版ムサシの印象に近づけている(後述する「Switch版開発エピソード」からの流れで、このような衣装になっている模様)このモードではムサシの攻撃力が常にパワーアップ状態となり敵が倒し易い。また敵攻撃を受けると一発でムサシ(自機)が失われるオリジナル版の仕様を2ライフ制に変更、二発まで耐えられる。(ちなみに1度ダメージを受けるとライフアイテム[注 3] で回復するかステージクリアするまで装束が赤くなる)
* Switch版開発エピソード
「SEGA AGES」シリーズ全体を統括する「リードプロデューサー兼ディレクター」・小玉理恵子(セガ所属)から「SYSTEM16(が原典のゲーム作品)から何か入れましょう」というオーダーがあり、本作か「ゴールデンアックス」、あるいは「獣王記」か?という三択にまとまる。最終的にはSwitch版「SEGA AGES」は全世界同時期配信を基本としていることや、「SHINOBI」シリーズは海外で知名度が高いという事が決め手となり、本作が選ばれた[8]
本作の開発(移植)期間は8~10ヶ月くらい。最終的な仕様が確定するには下記の通り、紆余曲折があった。
  • 付加価値要素の一つとして、TSS版ジョー・ムサシそのものでプレイ出来る構想もあった[注 4]が、TSSムサシの象徴的な忍術(体術)である「八双手裏剣」は本作のゲームデザインにジャストフィットしないという見解により、お蔵入りとなった。
  • 忍シリーズの別作『シャドーダンサー』のお供キャラ(忍犬)「ヤマト」をジョーに帯同出来るようにするという案もあった。ヤマトは見た目も可愛く、世界観を壊さず、難易度も下がるナイスアイデアかと思われたが、「(ヤマトは犬なので)手裏剣をどこから出すのか?」といった問題を解決できず、これもお蔵入り。[8]
付加価値要素のひとつ「シークレットナビ[注 5]」はセガ側チェックスタッフから出たアイデアを小玉が採用、開発企業であるエムツー社に「ぜひ、この機能を入れてほしい」とお願いしたことで実現した[8]
「キャビネット」モードはSwitchのスペックを生かし操作感を悪くしない様にデザインされ、日本版と海外版を合わせて2台分を作るのに1ヶ月半ほどかかった[8]。なお海外版のキャビネットは開発スタッフである駒林貴行(エムツー所属)がアメリカに出張の際、シカゴのゲームセンターで発見、この時に撮った写真を元に作られた。

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
AllGame3.5/5stars(PCE)[9]
Computer and Video Games75% (CPC)[10]
60%(ST)[11]
90%(C64)[12]
85%(ZX)[13]
Dragon4/5stars(SMS)[14]
エレクトロニック・ゲーミング・マンスリー18/40点(NES)[15]
Eurogamer7/10点(XBLA)[16]
ファミ通22/40点(PCE)[17]
IGN4/10点(XBLA)[16]
NintendoLife8/10stars(Wii)[18]
PALGN5/10点(XBLA)[16]
Sinclair User75%(ZX)[13]
Amiga Power66%(Amiga)[19]
The Games Machine50%(Amiga)[19]
60%(CPC)[10]
48%(ST)[11]
54%(ZX)[13]
Aktueller Software Markt5/12点(Amiga)[19]
5/12点(ST)[11]
3/12点(DOS)[20]
7.6/12点(PCE)[9]
ACE392/1000点(Amiga)[19]
385/1000点(ST)[11]
Amstrad Action87%(CPC)[10]
Atari ST User7/10点(ST)[11]
Commodore Format82%(C64)[12]
Commodore Force80%(C64)[12]
月刊PCエンジン69/100点(PCE)
PC Engine FAN19.21/30点(PCE)[2]
Retro Gamer89%(XBLA)[16]
PCエンジン完全ガイド否定的 (PCE)[21]
PCエンジン版
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計21点(満40点)[17]、『月刊PCエンジン』では65・75・65・70・70の平均69点、『PC Engine FAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、19.21点(満30点)となっている[2]。また、この得点はPCエンジン全ソフトの中で383位(485本中、1993年時点)となっている[2]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.23 3.22 3.32 3.38 3.09 2.99 19.21
  • ゲーム本『懐かしゲーム機大百科 PCエンジン完全ガイド 1987-1999』では、制限時間がなくなった事でアーケード版より難易度が低下した事を好意的に評価したが、近距離攻撃とボーナスステージがカットされた事に関して否定的に評価した[21]

忍シリーズ一覧[編集]

本作はその後セガよりアーケードではなくメガドライブにて続編となる『ザ・スーパー忍』が発売されており、以降シリーズ化して以下の作品が発売されている。

※・・・日本国内未発売

その他[編集]

セガストア専売のCDアルバム「LEGEND OF JOE MUSASHI SHINOBI 忍 MUSIC COLLECTION」内のディスク1枚目にアーケード版、セガ・マークⅢ版の楽曲が収録されている(SEは未収録)。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b バーチャルコンソール(VC)。日本では2019年1月31日終了
  2. ^ 海外版でプレイしている時は海外用のアップライト筐体(キャビネット)に変わる
  3. ^ 「AGESモード」では囚われの子供忍者は登場せず、ライフ(回復)アイテムに差し替わっている
  4. ^ 「SEGA AGES」ではSHTゲーム・『サンダーフォースIV』の付加価値要素として、『サンダーフォースIII』の自機でプレイ出来るというオプションを付けていたので、この流れから生まれたアイデアと思われる。
  5. ^ 「シークレットボーナスナビゲーション」。「忍ボーナス」を狙うプレイ用の付加価値要素としてステージセレクト画面でXボタンを押すと画面右上に“ SECRET”と常時表示されるようになる。うっかりプレイヤーがジョーの飛び道具を使用してしまうと、この文字が消え「忍ボーナス」ゲットに失敗してしまった事が即座に視認出来、すぐリトライする事ができる(ステージクリア後に失敗と分かるよりモチベーション維持がし易い)。

出典[編集]

  1. ^ 「7月号特別付録 MEGADRIVE ALL CATALOG」『メガドライブFAN』第3巻第7号、徳間書店、1991年7月15日、 62頁。
  2. ^ a b c d 「10月号特別付録 PCエンジンオールカタログ'93」『PC Engine FAN』第6巻第10号、徳間書店、1993年10月1日、 14頁。
  3. ^ 中野信二 (2009年6月11日). “セガ、「Xbox LIVEアーケード」にて「SHINOBI 忍」など6タイトルを配信” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2019年11月24日閲覧。
  4. ^ 佐伯憲司 (2009年7月13日). “セガ、Wii「バーチャルコンソールアーケード」にて、7月14日より「SHINOBI 忍」を配信” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2019年11月24日閲覧。
  5. ^ 『SEGA AGES SHINOBI 忍』10月31日配信決定。好きなステージを選べるセレクト機能や、独自機能“時間戻し”の術を使うことが可能に!” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA (2019年10月28日). 2019年11月24日閲覧。
  6. ^ 吹越友一 (2019年10月28日). “Switch用「SEGA AGES SHINOBI 忍」10月31日配信決定!” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2019年11月24日閲覧。
  7. ^ 「Wiiショッピングチャンネル」サービス終了に伴う払い戻しについて”. 任天堂公式サイト・サポートページ・お客様へのお知らせ (2018年8月9日). 2019年4月20日閲覧。
  8. ^ a b c d 鴫原盛之 (2019年10月30日). “【インタビュー】「SEGA AGES SHINOBI 忍」インタビュー” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2019年10月30日閲覧。
  9. ^ a b Shinobi for TurboGrafx-16 (1989)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年4月27日閲覧。
  10. ^ a b c Shinobi for Amstrad CPC (1989)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年4月27日閲覧。
  11. ^ a b c d e Shinobi for Atari ST (1989)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年4月27日閲覧。
  12. ^ a b c Shinobi for Commodore 64 (1989)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年4月27日閲覧。
  13. ^ a b c Shinobi for ZX Spectrum (1989)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年4月27日閲覧。
  14. ^ Lesser, Hartley; Lesser, Patricia & Lesser, Kirk (February 1993). “The Role of Computers”. Dragon (190): 55–60. 
  15. ^ Shinobi for NES (1989)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年4月27日閲覧。
  16. ^ a b c d Shinobi for Xbox 360 (2009)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年4月27日閲覧。
  17. ^ a b 忍 まとめ [PCエンジン]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2018年4月27日閲覧。
  18. ^ Shinobi for Wii (2009)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年4月27日閲覧。
  19. ^ a b c d Shinobi for Amiga (1989)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年4月27日閲覧。
  20. ^ Shinobi for DOS (1989)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年4月27日閲覧。
  21. ^ a b 「PCエンジンソフト完全カタログ 1989年」『懐かしゲーム機大百科 PCエンジン完全ガイド 1987-1999』スタンダーズ、2018年6月15日、54頁。ISBN 9784866362670。

関連項目[編集]