志位正二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
志位 正二
生誕 1920年1月1日
日本の旗 日本 東京府
死没 (1973-03-31) 1973年3月31日(53歳没)
シベリア
所属組織 日本陸軍
軍歴 1939 - 1945
最終階級 少佐
テンプレートを表示

志位 正二(しい まさつぐ、1920年1月1日 - 1973年3月31日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍少佐

経歴[編集]

軍歴[編集]

志位正人陸軍中将の息子として生まれる。東京府立六中東京陸軍幼年学校陸軍士官学校予科を経て、1939年9月、陸軍士官学校(52期)を卒業。同年11月、歩兵少尉に任官し歩兵第61連隊付となる。1944年12月、陸軍大学校(59期)卒業し陸軍少佐に昇進。1945年4月、関東軍隷下の第3方面軍情報参謀に発令され、終戦を迎えた。

シベリア抑留と帰国、情報活動[編集]

終戦後シベリア抑留にあい、1948年4月にソ連諜報員となる誓約を行い[1]モンゴルウランバートルにあった「第7006俘虜収容所」において朝枝繁春瀬島龍三種村佐孝らとともに諜報員、共産主義革命のための特殊工作員としての訓練を受けたとされる[2]

1948年11月、シベリアより復員[1]。しかし帰国後の志位は1949年2月からGHQ参謀第2部(G2)の地理課に勤め、抑留帰還者の尋問調書からソ連や中国の地誌を作成していた[3]1950年6月、GHQの取調べを受ける[1]1951年10月以降、G2在職のままソ連国家保安委員会(KGB)にエージェントとして雇われる[3]1953年11月、外務省アジア局調査員となる[1]が、「二重スパイ」の活動は継続した[3]

自首とその後[編集]

ユーリー・ラストヴォロフアメリカ亡命した後の1954年2月5日、警視庁公安部自首し、自身がソ連の工作員(スパイ)であったことを認めた[4]。しかし罪には問われず、その後、海外石油開発株式会社常務となる。1973年3月31日、シベリア上空を飛行中の日本航空ダグラス DC-8型機の機内で死去した[1]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 秦郁彦(編)、2005年、77頁。
  2. ^ 1954年にアメリカに亡命したユーリー・ラストヴォロフKGB中佐(在日ソ連大使館2等書記官)の証言による[要出典]
  3. ^ a b c 加藤哲郎、2014年、p.128
  4. ^ 共同通信社社会部(編)、1999年、[要ページ番号]

参考文献[編集]

関連項目[編集]