志摩郡 (三重県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三重県志摩郡の範囲(水色:後に他郡から編入した区域)

志摩郡(しまぐん)は、三重県志摩国)にあった

郡域[編集]

1896年明治29年)に行政区画として発足した当時の郡域は、鳥羽市および志摩市の大部分(磯部町栗木広・磯部町桧山・磯部町山原を除く)にあたる。

歴史[編集]

志摩郡(第1次)[編集]

志摩郡(第2次)[編集]

1.鳥羽町 2.答志村 3.神島村 4.坂手村 5.加茂村 6.鏡浦村 7.長岡村 8.的矢村 9.安乗村 10.国府村 11.磯部村 21.鵜方村 22.立神村 23.甲賀村 24.志島村・名田村・畔名村 25.波切村 26.船越村 27.片田村 28.布施田村 29.和具村 30.越賀村 31.御座村 32.浜島村(紫:鳥羽市 桃:志摩市)
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 郡制の施行のため、答志郡・英虞郡の区域をもって再び発足。(1町24村)
  • 明治30年(1897年
    • 5月31日(1町27村)
      • 答志村の一部(菅島)が分立して菅島村が発足。
      • 答志村の一部(桃取)が分立して桃取村が発足。
      • 鵜方村の一部(神明浦)が分立して神明村が発足。
    • 9月1日 - 郡制を施行。郡役所が鳥羽町に設置。
  • 大正8年(1919年10月1日 - 浜島村が町制施行して浜島町となる。(2町26村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和3年(1928年8月1日 - 波切村が町制施行して波切町となる。(3町25村)
  • 昭和10年(1935年)時点での当郡の面積は277.24平方km、人口は73,776人(男35,046人・女38,730人)[1]
  • 昭和14年(1939年)7月1日 - 和具村が町制施行して和具町となる。(4町24村)
  • 昭和17年(1942年6月10日 - 坂手村が鳥羽町に編入。(4町23村)
  • 昭和26年(1951年1月1日 - 鵜方村が町制施行して鵜方町となる。(5町22村)
  • 昭和29年(1954年
    • 8月1日 - 波切町・船越村・名田村が合併して大王町が発足。(5町19村)
    • 11月1日 - 鳥羽町・加茂村・長岡村・鏡浦村・桃取村・答志村・菅島村・神島村が合併して鳥羽市が発足し、郡より離脱。(4町12村)
    • 12月1日 - 和具町・片田村・布施田村・越賀村・御座村が合併して志摩町が発足。(4町8村)
  • 昭和30年(1955年
    • 1月1日 - 鵜方町・神明村・立神村・志島村・甲賀村・国府村・安乗村が合併して阿児町が発足。(4町2村)
    • 2月11日 - 磯部村・的矢村が度会郡神原村の一部(栗木広・檜山・山原)と合併して磯部町が発足。(5町)
  • 昭和31年(1956年9月30日 - 畔名村が大王町に編入。
  • 平成16年(2004年)10月1日 - 浜島町・大王町・志摩町・阿児町・磯部町が合併して志摩市が発足。同日志摩郡消滅。

変遷表[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 昭和10年国勢調査による。国立国会図書館の近代デジタルライブラリーで閲覧可能。
先代:
-----
行政区の変遷
- 719年 (第1次)
次代:
答志郡英虞郡
先代:
答志郡・英虞郡
行政区の変遷
1896年 - 2004年 (第2次)
次代:
(消滅)