志方勢七

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

志方 勢七(しかた せいしち、1860年11月6日万延元年9月24日) - 1921年大正10年)9月25日)は、日本実業家摂津製油社長や、日本綿花社長を務めた。

人物・経歴[編集]

兵庫県出身[1][2]大阪初の小学校である西大組第六番校(のちの小学校)に学び、同窓に金沢仁作、大林芳五郎、田中市太郎らがいた[3]摂津製油社長に就任し[1][2]、1896年の大阪瓦斯設立時には発起人を務めた[4]。1907年に箕面有馬電気軌道が設立されると同社取締役に就任[5]。同年豊田佐吉の豊田式織機設立に際して発起人となり、設立後には取締役に就任[1][2][6]。1910年からは日本綿花社長を務め、フォートワース青島市天津市での出張所開設などを進めた[7]。1920年大同電力取締役。日本水力取締役[8]、日本火災保険取締役[9]、泉尾綿毛製紙会長、和泉紡績取締役等も歴任した[1][2]。死後邸宅を改装して大阪星ヶ岡茶寮が作られた[10]

脚注[編集]


先代:
田中市兵衛
日本綿花社長
1910年 - 1917年
次代:
喜多又蔵