志村年子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

志村 年子(しむら としこ、1942年1月1日[1] - )は、日本オペラ歌手メゾソプラノ)。二期会会員。東京都出身[1]桐朋学園大学音楽学部、フランクフルト国立音楽大学卒業。畑中良輔と畑中更予に師事。

ドイツの演奏家試験に合格し、ドイツ各地で演奏活動を行う。二期会ホフマン物語」でオペラにデビューした後、次々とオペラに出演する。第5回ウィンナーワルトオペラ受賞。

1989年にはオペラ「ちゃんちき」で渡欧公演に出演参加する。

リサイタルに置いては、1988年東京音楽大学助教授である夫の志村安英と行った「志村年子が歌うブラームス」、1990年の「2人のマーラー」、1992年の「ちょっとアカデミックに珠玉の歌曲をどうぞ」などのリサイタルを開催している。現在、二期会会員。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.511

関連項目[編集]