志村貴子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
志村 貴子
生誕 (1973-10-23) 1973年10月23日(45歳)[1]
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1997年[2] -
ジャンル 青年漫画百合LGBT
代表作 敷居の住人どうにかなる日々
放浪息子青い花
公式サイト 青息吐息
テンプレートを表示

志村 貴子(しむら たかこ、女性、1973年[2]10月23日[1] - )は、日本漫画家、同人作家。

略歴・人物[編集]

1997年に『コミックビーム』(エンターブレイン)2月号掲載の「ぼくは、おんなのこ」でデビュー[2]、その後同誌で初連載『敷居の住人』を執筆。徐々に活動の場を広げ、現在は『コミックビーム』に加え、『マンガ・エロティクス・エフ』(太田出版)など青年誌を中心にいくつかの雑誌で作品を発表している。

なお、『ぼくは、おんなのこ』掲載以前は「加藤マサイチ」や「東京堂えるえる」などの名義で、成人向け漫画雑誌『パピポ外伝』に読切作品を発表していたことがあるが、これらの作品が収録された単行本などは発売されていない。また、本人の意向により、当時の作品群は今後も単行本化される予定はない。

2009年青木俊直イシデ電岩岡ヒサエ谷川史子らと同人サークル「腹ペコ戦隊はしレンジャー」を結成した。

2012年に、米国図書館協会の若者向けサービス部門(YALSA)が選出する「12歳から18歳向けの優秀なグラフィック・ノベル 2012年(2012 Great Graphic Novels for Teens)」のベスト10に、英訳版『放浪息子』1巻(『Wandering Son V. 1.』Fantagraphics Books、2011)が選ばれた[3]

作品リスト[編集]

漫画作品[編集]

★は連載作品。

書籍[編集]

漫画単行本[編集]

詳細は各リンク先を参照。

  • 敷居の住人アスキー〈アスペクトコミックス〉1998年 - 1999年、1巻 - 3巻、B6版
  • どうにかなる日々太田出版(Fコミックス)2003年 - 2004年、全2巻、A5版
  • ラヴ・バズ少年画報社(YKコミックス)2003年 - 2005年、全3巻、コミック版
    • (新装版)エンターブレイン(ビームコミックス)2011年、全3巻、A5版
  • 放浪息子』エンターブレイン(ビームコミックス)2003年 - 2013年、全15巻、B6版
  • 『ぼくは、おんなのこ』エンターブレイン(ビームコミックス)2004年、全1巻、B6版
  • 青い花』太田出版(Fコミックス)2006年 - 2013年、全8巻、A5版
  • ルート225講談社(シリウスKC)2008年、全1巻、コミック版 - 原作:藤野千夜
  • 『かわいい悪魔』太田出版(Fコミックス)2010年、全1巻、B6版
  • 『娘の家出』集英社(ヤングジャンプコミックス)2014年 - 2017年、全6巻、コミック版
  • 『わがままちえちゃん』KADOKAWA/エンターブレイン(ビームコミックス)2015年、全1巻、B6版
  • 『淡島百景』太田出版(Fコミックス)2015年 -、既刊2巻、コミック版
  • 『こいいじ』講談社 2015年 - 2019年、全10巻、コミック版
  • 『起きて最初にすることは』リブレ出版(シトロンコミックス)2015年、全1巻、B6版

イラスト[編集]

アニメ関係[編集]

その他[編集]

備考[編集]

過去に「青い花」(2009年)、「放浪息子」(2011年)がテレビアニメ化されているが、いずれの作品にも作中で別の志村作品のキャラクターがカメオ出演している。アニメ版「青い花」の第4話ではプラットホームで電車を待つモブの中に「放浪息子」の二鳥修一が登場している他、アニメ版「放浪息子」の最終話では、文化祭のお客に混ざって「敷居の住人」の本田千暁と菊池ナナコが登場し、「放浪息子」と「敷居の住人」の両方に登場している兼田健太郎に「珍しい……」と声をかけられるシーンがある。

関連項目[編集]

  • イシデ電 - 志村貴子のアシスタントを務めた経験があり、親交が深い人物。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b コミックナタリー - 志村貴子のプロフィール”. 株式会社ナターシャ. 2013年2月3日閲覧。
  2. ^ a b c フジテレビ"NOISE"TVアニメ『青い花』公式サイト スペシャルトーク第4回 オノ・ナツメ☓志村貴子 PROFILE”. 2013年2月2日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ Great Graphic Novels 2012”. American Library Association(米国図書館協会). 2013年9月14日閲覧。Top Ten list of titles