志賀健次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

志賀 健次郎(しが けんじろう、1903年明治36年)12月10日[1] - 1994年平成6年)9月28日[1])は、昭和時代の政治家。防衛庁長官(第15代)。自民党衆議院議員(9期)。

経歴[編集]

岩手県東磐井郡、のちの大東町(現一関市)出身[1]岩手県立一関中学校を経て、1931年(昭和6年)早稲田大学政治経済学部政治学科卒[1]朝日新聞記者を経て、1941年大日本産業報国会参事、1942年に翼賛選挙に非推薦で立候補し敗れる。1947年総選挙で初当選(当選同期に田中角栄鈴木善幸中曽根康弘など)。保守合同後も有田喜一荒木万寿夫小島徹三らと芦田均派を維持するが、芦田の死後は三木武夫派に加入。1962年第2次池田内閣で防衛庁長官に就任。その後、1969年総選挙で落選し、政界を引退した。

親族[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 日外アソシエーツ 編 『政治家人名事典 明治~昭和』 日外アソシエーツ、2003年。ISBN 4816918051。 

関連項目[編集]