志賀親守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
志賀親守
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 不明
改名 親守→道輝(法名、道魁とも)
別名 親安、伊勢入道、河内入道
官位 兵部少輔民部少輔安房
主君 大友義鑑義鎮(宗麟)義統
氏族 志賀氏
父母 父:志賀親益
志賀親度、清田鎮乗[1]、志賀親成[2]志賀親次[3]吉弘統幸

志賀 親守(しが ちかもり)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将豊後国大友氏の家臣。志賀親益の子。

志賀氏は大友三家の一つ。北志賀家は南郡衆の筆頭である。

天文19年(1550年)、二階崩れの変の後、大友義鎮(宗麟)の家督相続に尽力した。天文21年(1552年)に子親度に家督を譲って早々に隠居したが、実際は加判衆の一人として宗麟やその子義統の側近として活躍したという。その後、親度が義統と対立し失脚すると、親度共々殺害されそうになるが、宗麟の仲介があって助かったという。天正6年(1578年)の耳川の戦いでは肥後国に出陣したが、この戦に反対していたため軍勢を積極的に動かそうとしなかった。

天正14年(1586年)、薩摩国島津氏が豊後に侵攻(豊薩合戦)すると、宗麟と共に丹生島城に立て籠もって抗戦するも、実際は入田義実を通して島津氏と内通していたとされ、親度は入田氏や南志賀家と共に島津氏に味方し、孫の親次が守る岡城を攻撃している。その後、島津氏が敗北すると親度は処罰されたが、表立って反抗しなかった親守は咎められず、親次の後見役となった。宗麟の葬儀にも参じ、その後も義統の側近として仕え、文禄・慶長の役の際は、豊後国において留守を守った。

なお、大友義鎮が嫡男・義統に天正12~13年(1584年1585年)頃に送ったと推定される書状の中で、親守を宇目村という場所に派遣したが、折を見て持ち場を離れてしまう。原因は女色家であるためで、大友家存亡の時にこれでは困る、と記されたものが存在する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 寿閑、浄閑とも。清田鎮忠の婿養子・凉泉院の夫。洗礼名はドン・ペドロ。マダレイナ(マグダレナ)清田は、イエズス会の諸記録から見て、宗麟の長女ジェスタ(清田鎮忠夫人)と先夫・一条兼定の女(ジェスタの連れ子として鎮忠の養女となる)と判断されるが、鎮忠と前妻・一色氏の女の可能性もある。凉泉院はマダレイナ(マグダレナ)清田ではない。凉泉院が迎えた夫は志賀家からの養子「ドン・パウロ志賀親次の兄弟」ドン・ペドロ寿閑清田鎮乗である。隠された大友家の姫ジュスタ―「桑姫」再考―その③―
  2. ^ 林宗頓、洗礼名はゴンサロ。『志賀家系図』(長崎歴史文化博物館蔵)によると、林ジュリア(元は吉弘鎮信側室、のちは大友宗麟の継室)と吉弘鎮信の娘・林コインタ(林ジュリアの連れ子として宗麟の養女となる)と結婚した。
  3. ^ 『志賀文書』、『志賀家系図』、『志賀家事歴』(長崎歴史文化博物館蔵)によると、志賀安房守親守(道輝)は、親次の「祖父」ではなく実父であった。親次の父は実に長兄・親孝(親度)。親次は長兄親孝の養子となり、本家の家督を継いだ。

参考文献[編集]