忠房親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
忠房親王
称号 大智院宮
身位 親王
出生 弘安8年(1285年)?
死去 正平2年(1347年7月
配偶者 二条兼基の娘
  小倉実教の娘
子女 源彦良
父親 源彦仁
母親 二条良実の娘
役職 無品
テンプレートを表示

忠房親王(ただふさしんのう)は、鎌倉時代後期から南北朝時代皇族公卿親王宣下を受けるまでは源 忠房と記される。順徳天皇の曾孫。正三位源彦仁の子。臣籍時の官位従二位・権中納言

生涯[編集]

初め二条兼基猶子となる。正安3年12月(1302年1月)元服して正五位下に直叙され、左近衛少将に任ぜられる。乾元元年(1302年)6階昇進して従三位に叙せられ公卿に列す。嘉元3年(1305年正三位徳治元年12月(1307年)1月権中納言に至る。延慶2年(1309年)権中納言を辞任。正和5年(1316年従二位

文保3年(1319年後宇多上皇猶子となり親王宣下を受けて、無品親王となる。

親王宣下について[編集]

臣籍に生まれながら親王宣下を受けるが、これが平成の時代の皇位継承問題において「臣籍に産まれた人物が皇籍についた先例」として旧皇族復帰を推す意見の勢力から重要視されている。

“天皇の猶子”とは“皇子準じた扱い”とする事だが、皇室について用いた始まりは『職原鈔』に忠房親王が後宇多院の猶子となす旨、記された事に始まるという。尤も言葉としては漢語であり『礼記』に見える。

系譜[編集]

四辻宮尊雅王及びその子である四辻善成について、実は忠房親王の王子であるとの説も存在する。

参考文献[編集]

  • 『公卿補任 第二篇』吉川弘文館、1982年
  • 『尊卑分脈 第三篇』吉川弘文館、1987年