念仏物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
念仏物語
OVA
アニメーション制作 ビジュアル80
製作 本願寺出版社
発売日 日本の旗 1993年4月
話数 全7話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

念仏物語』(ねんぶつものがたり)は、1993年4月に発売されたOVA作品。

概要[編集]

浄土真宗教義を明快に説くことを目的として、本願寺出版社とビジュアル80によって企画制作されたシリーズ作品。お釈迦さまの種々のエピソードをアニメ化したビデオアニメシリーズ『仏典物語』に続くものとして企画された。浄土真宗の宗祖である親鸞聖人のエピソード紹介がテーマとなっている。当初は10数巻のリリース予定だったが、最終的には全7巻で終了している。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

念仏物語 親鸞さま ねがい、そして ひかり。[編集]

念仏物語 親鸞さま
ねがい、そして ひかり。
OVA
監督 宇井孝司
脚本 相馬和彦
キャラクターデザイン 李普螺
アニメーション制作 グループ・タック
製作 本願寺出版社
発売日 日本の旗 2008年4月4日
話数 全3話
テンプレート - ノート

念仏物語 親鸞さま ねがい、そして ひかり。』(ねんぶつものがたり しんらんさま ねがい、そして ひかり)は、2008年4月4日に発売されたOVA作品。

解説[編集]

浄土真宗の教祖である親鸞聖人の750回大遠忌を記念して浄土真宗本願寺派が制作した。全3章、108分。アニメの製作はグループ・タックが担当した。

ストーリーは、親鸞が自らの生涯を振り返っていく一代記であり、大川透野田圭一小林桂樹がリレー形式で演じる。

あらすじ(2008年版)[編集]

登場人物(2008年版)[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督 - 宇井孝司
  • 脚本 - 相馬和彦
  • 監修 - 千葉乗隆梯實圓
  • 総作画監督 - 後村武
  • キャラクターデザイン - 李普螺
  • 美術監督 - 阿部とし子
  • 撮影監督 - 館信一郎
  • 色彩設計 - 酒井美晴
  • 編集 - 岡祐司
  • 音楽 - 渡辺俊幸
  • 音響監督 - 宇井孝司
  • 製作・総指揮・企画・原案 - 本願寺出版社