思いがけないSITUATION

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
思いがけないSITUATION
崎谷健次郎シングル
初出アルバム『DIFFERENCE
B面 Kissの花束
リリース
規格 シングルレコード
録音 1986年
Moon.Studio、SEDIC.Studio
Two-Two-One.Studio
ジャンル J-POP
時間
レーベル PONY CANYON SEE-SAW
シングルレコード:7A-0701
作詞・作曲 秋元康湯川れい子
崎谷健次郎武部聡志
プロデュース 秋元康、崎谷健次郎
チャート最高順位
崎谷健次郎 シングル 年表
思いがけないSITUATION
(1987年)
夏のポラロイド
(1987年)
テンプレートを表示

思いがけないSITUATION」(おもいがけないシチュエーション)は、1987年3月21日に発売された崎谷健次郎のデビューシングル[1]。「Kissの花束」(キスのはなたば)をカップリング曲に収録している。

解説[編集]

  • プロデュースは、秋元康崎谷健次郎
  • レコードジャケットには、崎谷の左横顔と謎の黒い指が登場している[2]
  1. 思いがけないSITUATION
  2. Kissの花束
    • 当初のデビュー候補曲であった[4]稲垣潤一彩恵津子への提供曲であるが、それぞれの詞・編曲は異なっている。
    • 崎谷が21歳での制作で、最も古い作品(発表時、24歳)[5]
    • Two-Two-One.スタジオにて、収録された[6]
    • 映画『いとしのエリー』(東宝、1987年)のエンディングテーマソング。
    • 1st.アルバム『DIFFERENCE』に収録している。
    • 1st.ベストアルバム『SAKIYA REMIXED WORKS vol.1 夏』には、remixバージョンが収録されている。
    • 2nd.ベストアルバム『KENJIRO SAKIYA COMPLETE BEST Love Ballads』には、シングルバージョンが収録されている。
    • 3rd.ベストアルバム『崎谷健次郎 BEST COLLECTION』には、シングルバージョンが収録されている。
    • 3rd.インストゥルメンタルアルバム『SAKIYA PLAYS HIS SONGS / piano instrumental "PIANISM"』にはピアノ・インストゥルメンタルバージョンが収録されている。

収録曲[編集]

  1. 思いがけないSITUATION
    作詞:秋元康 作曲:崎谷健次郎 編曲:崎谷健次郎 / 武部聡志
  2. Kissの花束
    作詞:湯川れい子 日本語詞:秋元康 作曲:崎谷健次郎 編曲:崎谷健次郎 / 武部聡志

脚注[編集]

  1. ^ 崎谷健次郎公式ウェブサイト『kenjirosakiya.com』「Discography 思いがけないSITUATION」
  2. ^ 当該レコードジャケット参照。
  3. ^ 『Special Comments Of KENJIRO SAKIYA Complete Best"LOVE BALLADS"』「思いがけないSITUATION」(moonlighting 2003年3月19日発行)
  4. ^ 『Special Comments Of KENJIRO SAKIYA Complete Best"LOVE BALLADS"』「思いがけないSITUATION」(moonlighting 2003年3月19日発行)
  5. ^ 『Special Comments Of KENJIRO SAKIYA Complete Best"LOVE BALLADS"』「KISSの花束」(moonlighting 2003年3月19日発行)
  6. ^ 『Special Comments Of KENJIRO SAKIYA Complete Best"LOVE BALLADS"』「KISSの花束」(moonlighting 2003年3月19日発行)