思い過ごしも恋のうち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
思い過ごしも恋のうち
サザンオールスターズシングル
初出アルバム『10ナンバーズ・からっと
B面 ブルースへようこそ
リリース
規格 7インチレコード
8cmCD
12cmCD
デジタル・ダウンロード
ストリーミング
録音 1979年2月
VICTOR STUDIO
音響ハウス
ジャンル ロック
ラテン (#1)[1]
ソウル (#1)[1]
時間
レーベル Invitation
タイシタレーベル(再発盤)
作詞・作曲 桑田佳祐(#1)
サザンオールスターズ(#2)
プロデュース サザンオールスターズ
チャート最高順位
サザンオールスターズ シングル 年表
いとしのエリー
(1979年)
思い過ごしも恋のうち
(1979年)
C調言葉に御用心
(1979年)
10ナンバーズ・からっと 収録曲
ラチエン通りのシスター
(3)
思い過ごしも恋のうち
(4)
アブダ・カ・ダブラ (TYPE 1)
(5)
テンプレートを表示

思い過ごしも恋のうち」(おもいすごしもこいのうち)は、サザンオールスターズの楽曲。自身の4作目のシングルとして、Invitationから7インチレコード1979年7月25日に発売された。

1988年6月25日1998年2月11日に8cmCDとして、2005年6月25日には12cmCDで再発売されている。2014年12月17日からはダウンロード配信、2019年12月20日からはストリーミング配信が開始されている[2][3]

背景[編集]

本作に収録されている2曲はオリジナル・アルバム10ナンバーズ・からっと』からのシングルカットとなった。

デビュー当時のサザンのイメージは「陽気さ」として活動しており、本作が発売される前、デビューシングルとなった「勝手にシンドバッド」、2枚目シングル「気分しだいで責めないで」や1枚目アルバム『熱い胸さわぎ』の3作品はパワフル・コミカル・エッチなサウンドとなっていたが、桑田佳祐はそのイメージに納得していなかった。2枚目アルバム『10ナンバーズ・からっと』の先行シングルは「いとしのエリー」か本作に議論になり、制作の際に桑田は「いとしのエリー」の歌詞の一部をスタッフに聴かせ、高垣健を含むビクター側は「方向性が定着してきた時期に、バラードは時期尚早だ」と大反対したが、アミューズの当時社長であった大里洋吉が「売ろうではなく、冒険してみよう」という意見を提案したことで「いとしのエリー」が3枚目シングルとなった[4]。また、当時レコーディングエンジニアを担当していた猪俣彰三が「思い過ごしも恋のうち」よりも「いとしのエリー」の方がいいサウンドで録れたからという経緯も存在している[5]

収録曲[編集]

  • 収録時間:8:39
  1. 思い過ごしも恋のうち (4:40)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 弦管編曲:新田一郎
    映画彼女が水着にきがえたら』挿入歌[注 1]
    「10ナンバーズ・からっと」からのシングルカットであるものの、コーラスなど一部のアレンジが変更されている。シングルバージョンはアルバム未収録となっている。
    調イ長調[6]
  2. ブルースへようこそ (3:58)
    (作詞・作曲・編曲:サザンオールスターズ)
    シングル盤でもアルバム同様に歌詞が記載されていない。正確な歌詞は1984年の桑田の著書『ただの歌詩じゃねえかこんなもん』に掲載された[7]

参加ミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

※斜字は廃盤作品。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 1989年に使用。

出典[編集]

  1. ^ a b 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p142
  2. ^ サザン、全266曲を世界111ヶ国で配信 オリコン 2014年12月17日配信, 2020年6月4日閲覧
  3. ^ サザン関連全972曲 サブスク一斉解禁 メンバーソロ曲も対象に オリコン 2019年12月20日配信, 2019年12月20日閲覧
  4. ^ 時期尚早と反対も…サザン分岐点「いとしのエリー」 日刊スポーツ 2020年8月9日配信, 2020年8月16日閲覧
  5. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p28
  6. ^ 思い過ごしも恋のうち(サザンオールスターズ) / コード譜 / ギター - J-Total Music!”. Jトータルミュージック. 2016年8月2日閲覧。
  7. ^ 桑田佳祐『ただの歌詩じゃねえかこんなもん』P69 - 70、新潮社、1984年