オモイカネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
思金神

神祇 天津神
全名 思金神
別名 常世思金神、思兼神、八意思兼神、八意思金神
神格 知恵
高御産巣日神
天表春命天下春命
神社 戸隠神社阿智神社など

思金神(おもいかねのかみ、紀では思兼神)は、日本神話に登場する

概要[編集]

古事記』では思金神常世思金神(とこよのおもいかねのかみ)、『日本書紀』では思兼神、『先代旧事本紀』では思金神常世思金神思兼神八意思兼神(やごころおもいかねのかみ)、八意思金神と表記される。

高御産巣日神の子であり、天忍穂耳命の妻である万幡豊秋津師比売命の兄。

最も有名な話では、岩戸隠れの際に、天の安原に集まった八百万の神天照大御神を岩戸の外に出すための知恵を授けたこととされている。国譲りでは、葦原中国に派遣する神の選定を行っている。その後、天孫降臨邇邇芸命に随伴した。

(八意)思金神の「八」を「多い」、「意」を「思慮」と解し、「八意」は思金神への修飾語、「思」を「思慮」、「金」を「兼ね」と解し、名義は「多くの思慮を兼ね備えていること」と考えられる[1]

系譜[編集]

高御産巣日神の子で、妹に万幡豊秋津師比売命がいる。

『先代旧事本紀』では、思兼神は信濃国に降り立って信之阿智祝の祖になり、知々夫国造の祖ともなったとしている。子に天表春命天下春命がいるが、天児屋命の子とする系図もある。

信仰[編集]

秩父神社埼玉県秩父市)、阿智神社長野県下伊那郡阿智村)などに阿智祝氏、知々夫国造などの祖神として祀られているほか、戸隠神社などでは知恵・学問の神として信仰されている。また、天気に関する唯一の神社気象神社東京都杉並区)にも祀られている[2]

思金の文字から曲尺が連想され、建築前に行われる手斧初の儀式の主神としても信仰されている。これは、建前にかかる初の日に正面を南向きにして頭柱を立て、柱の正面に天思兼命と書き、右左にそれぞれ建築の神である手置帆負神、彦狭知命の名を書き、さらに裏面に年月日・建主名を墨書するという儀式のことを指す。

祀る神社[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新潮日本古典集成 古事記
  2. ^ 気象神社概要”. 気象神社. 2018年7月27日閲覧。

関連項目[編集]