思秋期から…男と女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
思秋期から…男と女
岩崎宏美スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル アイドル歌謡
レーベル ビクター音楽産業
チャート最高順位
岩崎宏美 年表
ウィズ・ベスト・フレンズ
(1977年)
思秋期から…男と女
(1977年)
ラブ・コンサート・パート1 〜新しい愛の出発〜
(1977年)
思秋期から…男と女収録のシングル
  1. 思秋期
    リリース: 1977年9月5日
テンプレートを表示

思秋期から…男と女』(ししゅうきから おとことおんな)は、岩崎宏美の5枚目のオリジナル・アルバム。1977年10月5日発売。発売元は、ビクター音楽産業。規格品番SJX-20017。

解説[編集]

  • 大ヒットシングル「思秋期」を含む全12曲収録。
  • シングルの作詞はデビュー曲「二重唱(デュエット)」から「シンデレラ・ハネムーン」まで、B面を含め全て阿久悠が起用されていたが、アルバム全曲作詞をしたのはこの作品が初めてであり、唯一である。作曲は、直近3シングルの作家である大野克夫川口真三木たかしがそれぞれ4曲ずつ担当している。
  • 2曲目に収録されている「ランボルギーニが消えて」のイントロおよびコーダにスポーツカーのエンジン音が入っているが、この音はランボルギーニのものではなくポルシェから録ったもので、ファンから音が違うと指摘があったという。
  • 1991年に、次作『二十才前…』とのカップリングで初CD-DA化された(2作品を1枚に収録)が、収録時間の関係上、前述の「ランボルギーニが〜」が削除された。1994年に単独でCD化され、同時に「ランボルギーニが〜」も初CD化された。また、2007年紙ジャケットで復刻された際には、アルバム未収録であった「思秋期」のB面曲折れた口紅(ルージュ)」がボーナス・トラックとして収録された。

収録曲[編集]

オリジナル盤[編集]

Side-A
  1. 思秋期
  2. ランボルギーニが消えて
    • 作曲・編曲:三木たかし
  3. 男と女
    • 作曲・編曲:三木たかし
  4. 恋夏期
    • 作曲・編曲:三木たかし
  5. 個人指導
  6. 煙草の匂いがする
Side-B
  1. メランコリー・ジュース
    • 作曲:川口真、編曲:船山基紀
  2. 幸福号出帆
    • 作曲・編曲:川口真
  3. チェイス
  4. ピアノ弾きが泣かせた
  5. ウェルカム・ホテル
    • 作曲:大野克夫、編曲:萩田光雄
  6. BOO BOO
    • 作曲:大野克夫、編曲:船山基紀

CD(1991年盤)[編集]

定盤コレクション 2inOne「思秋期から…男と女 + 二十才前…」
  1. 思秋期
  2. 男と女
  3. 恋夏期
  4. 個人指導
  5. 煙草の匂いがする
  6. メランコリー・ジュース
  7. 幸福号出帆
  8. チェイス
  9. ピアノ弾きが泣かせた
  10. ウェルカム・ホテル
  11. BOO BOO
  12. 二十才前
  13. クェッション・マーク
  14. 熱帯魚
  15. 夏のたまり場
  16. ニッカ・ボッカ
  17. ザ・マン
  18. 何かが起こりそうな朝
  19. 季節のかほり
  20. つめたい抱擁
  21. ヴェニスの花嫁
  22. 今様つづり

CD(2007年盤)[編集]

  1. 思秋期
  2. ランボルギーニが消えて
  3. 男と女
  4. 恋夏期
  5. 個人指導
  6. 煙草の匂いがする
  7. メランコリー・ジュース
  8. 幸福号出帆
  9. チェイス
  10. ピアノ弾きが泣かせた
  11. ウェルカム・ホテル
  12. BOO BOO
  13. 折れた口紅(ルージュ)ボーナス・トラック
    • 作詞:阿久悠、作曲・編曲:三木たかし
    • 11thシングル「思秋期」のB面曲