性に目覚める頃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

性に眼覚める頃』(せいにめざめるころ)は、1919年(大正8年)10月に室生犀星が雑誌『中央公論』に発表した短編青春小説。翌1920年1月、新潮社より刊行の同題の小説集に入れられた。これは詩人の犀星の初の小説集であった。

あらすじ[編集]

寺の子として育った青少年の「性」の目覚めと葛藤を描いた作品である。実体験をもとに書かれており、犀星が幼少の頃に過ごしたとされる雨宝院が登場する。