性能指数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

特徴指数は装置・システム・方式の性能を他と比べて特徴づけるのに用いられる量。

[編集]

変調システム[編集]

通信のための変調システムでは、 信号対雑音比 ((SNR)O)と入力信号対雑音比(SNR)C)の比が性能指数。

虚偽[編集]

数値の精度や検証可能性は、ときに「最新鋭技術」や「他の追随を許さない」といった曖昧な非数値の説明より効果的なセールス手段となりうる。偽装表示に用いられた場合、性能指数は製品を比較するのに性能を決定する十分でないかもしれないので、その真偽よりも有効性が問われる。例えば、ラップトップコンピューターを購入する場合、消費者はハードドライブの容量を基準に選ぶかもしれない。Rpm (単位)バッファシーク時間は記載されていないかもしれないが性能に大きく影響する。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ベンチマーク とは、合成のメリットをまとめ速のコンピュータに種々の典型的な課題です。

出典[編集]