性高院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
性高院
Shoko-in Temple 20150921.JPG
所在地 愛知県名古屋市千種区幸川町3-6
位置 北緯35度9分30秒
東経136度57分46秒
山号 大雄山
宗旨 浄土宗
宗派 浄土宗鎮西派
本尊 阿弥陀如来
創建年 1589年
札所等 阿弥陀如来四十八願所、名古屋百観音霊場
文化財 絹本著色松平忠吉像、梵鐘、双体地蔵石碑、黒漆葵紋瓜蒔絵懸盤・椀
法人番号 7180005000756
テンプレートを表示
『尾張名所図会. 前編 巻1 愛智郡』より「性高院 極楽寺」

性高院(しょうこういん)は、愛知県名古屋市千種区幸川町にある浄土宗寺院山号は「大雄山」。

歴史[編集]

1589年(天正17年)に松平忠吉が母宝台院の菩提を弔うために満誉玄道を開山として創建された。1603年(慶長8年)に清須へ、1610年(慶長15年)の清洲越し中区門前町(現在の名古屋中郵便局付近)へ移転。1636年(寛永13年)に朝鮮通信使が性高院で休憩所として泊まったとされ、1795年(寛政7年)に性高院殿廟が建立された。昭和初期に末森山へ、さらに1943年(昭和18年)に軍用道路計画の為千種区の現在地へ移転した。しかし1945年(昭和20年)に名古屋大空襲により国宝の表門以下伽藍を全焼の他、朝鮮通信使等の資料も焼失。戦後以降も現在地にあったが1999年(平成11年)に8階建てのビルが建てられ、現在のビル内に本堂が再建されることとなった。

名古屋市指定文化財[編集]

  • 絹本著色松平忠吉像[1]
  • 梵鐘[1]
  • 双体地蔵石碑[1]
  • 黒漆葵紋瓜蒔絵懸盤・椀[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 市指定文化財”. 名古屋市 (2012年10月19日). 2013年5月25日閲覧。

関連項目[編集]