怪優

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

怪優(かいゆう)とは、変わった容姿や演技(後者は「怪演」と呼ばれる)が魅力とされる俳優である。特定の出演作、配役をもって怪優と呼ばれることもある。こうした俳優陣が「実力派俳優」と呼ばれることもあるが、誰が怪優と呼ばれるのに相応しいかどうかは非常に曖昧であり、話者の恣意的な判断によるところが大きい。基本的には男性俳優を指すことがほとんどだが、中には怪優と呼ばれる女優も存在する。

また、日本の怪談映画やホラー映画で、怨霊など超常的なものを演ずる俳優を怪優と呼ぶ例もある。

日本の怪優の例[編集]

上記のように怪優と呼ばれる定義が明確でないため、話者によって、誰が怪優であるかは異なることが多い。ここでは、竹中労が著作『芸能人別帳』にて『怪優列伝』として取り上げた日本の俳優を例として挙げる。

など

このほか、書籍で怪優と呼ばれたことのある日本の俳優を以下に例示する。

  • 上山草人 - 『ハリウッドの怪優 上山草人とその妻山川浦路』 三田照子、日本図書刊行会、1996年 ISBN 4890390758
  • 古田新太 - 著作の『魏志痴人伝』(メディアファクトリー、2008年 ISBN 9784840121323)の宣伝で、怪優・古田新太と呼ばれている。

一般的には高勢実乗伊藤雄之助岸田森藤木孝天本英世左卜全梅津栄沼田曜一菅貫太郎谷口高史南原宏治本田博太郎岸田今日子なども怪優として名高い。

世界の怪優の例[編集]

日本の怪優同様に、誰が怪優であるか否かは、話者によって異なることが多い。ここでは、2006年11月11日に放映された『SmaSTATION!!』で「西田敏行を迎えて世界の怪優特集!」として取り上げられた俳優を例として挙げる。

など

他にも、ピーター・カッシングクリストファー・リーヴィンセント・プライスディヴァイン[1]なども怪優としてあげられる。

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ジョン ウォーターズ”. 現代外国人名録2012. コトバンク. 2016年1月23日閲覧。