恂子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

恂子内親王(じゅんし(のぶこ)ないしんのう、寛治7年(1093年) - 長承元年10月16日1132年11月25日))は、平安時代後期の皇族伊勢斎宮白河天皇の第6皇女で、母は木工頭・藤原季実の娘。堀河天皇の異母妹。樋口斎宮と号された。侚子姰子とも表記する。

母である藤原季実の娘は密かに恂子内親王を出産したため、天仁元年(1108年)になって初めて白河院に認知されたという。同年10月28日に内親王宣下を受け、同日伊勢斎宮に卜定。同2年(1109年)9月15日、野宮入り。天永元年(1110年)9月8日、伊勢群行長奉送使は右衛門督・藤原能実と権右中弁・藤原実行)。ちなみにこの時随行した女官・斎宮甲斐が道中で詠んだ和歌が『千載和歌集』にある。在任16年の後、保安4年(1123年)1月28日、鳥羽天皇譲位のため退下し、帰京。長承元年(1132年)10月16日、40歳で薨去した。

参考文献[編集]