恋する女たち (氷室冴子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

恋する女たち』(こいするおんなたち)は、氷室冴子の小説。大森一樹監督・脚本で映画化されている。3人の女子高生の恋と友情を描いた作品である。

小説[編集]

1981年 集英社コバルト文庫 ISBN 9784086104029

映画化に伴い、装丁が変更されている。旧カバーのイラストの担当は石関詠子、新カバーは映画の写真である。

映画[編集]

1986年12月13日に斉藤由貴主演第2作目の日本映画として公開。上映時間は98分。同時上映は「タッチ2 さよならの贈り物」(監督:はしもとなおと)[1]

原作小説は北海道が舞台だが、映画では金沢市に変更されている。

監督の大森一樹は、『ゴジラvsビオランテ』の監督に内定しており、その脚本を執筆中であったが難航していたため、その間に本作品を担当することとなった[2][1]。大森によれば、監督起用でトラブルが生じていたため、折衷案として大森の名が挙がったのだという[1]

配給収入は9億5000万円[3][1]。1987年の興行ベスト10位となり、複数の映画賞も受賞するなど好評を得て、翌年には同じ座組で『トットチャンネル』が制作された[1]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

斉藤由貴:「MAY」(発売元:キャニオン・レコード

受賞歴[編集]

補足[編集]

  • 大江千里も高井麻巳子とのツーショット写真での場面のみ出ていた(但し、出演者クレジットはなし)。
  • 2006年に東宝よりDVD化

漫画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 平成ゴジラ大全 2003, p. 95, 「破之壱『ゴジラVSビオランテ』」
  2. ^ テレビマガジン特別編集 誕生40周年記念 ゴジラ大全集』構成・執筆:岩畠寿明(エープロダクション)、赤井政尚、講談社、1994年9月1日、76頁。ISBN 4-06-178417-X。
  3. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)460頁

参考文献[編集]