恋のカラフルパレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
恋のカラフルパレット
Pinkishシングル
B面 ふる里
リリース
規格 マキシシングル
録音 Studio ZERO-9
ジャンル J-POP
時間
レーベル ZERO-9 Disk
プロデュース 小西貴雄
Pinkish シングル 年表
JAMBO
(2013年)
恋のカラフルパレット
(2014年)
とびだせ!青春
(2015年)
テンプレートを表示

恋のカラフルパレット」(こいのカラフルパレット)は、日本の女性ボーカル&ダンスユニットPinkishの4作目となるシングル

概要[編集]

「恋のカラフルパレット」はフレンチ・ポップス風の楽曲[1]

カップリング曲「ふる里」は、アルバム『PS.童謡のふる里から』収録の童謡「ふるさと」とは別のオリジナル曲。Pinkish作詞であり、利根川の夕やけ空[2]などPinkishのふる里加須市の情景が歌詞に散りばめられている[3]

CDの帯に書かれたキャッチコピーは、"Pinkishが奏でるカラフルでポップなアイノメロディー"[4]

埼玉県加須市出身の“ハイブリッド童謡アイドル・グループ”Pinkishの1年ぶり(2014年時)となるシングル。サウンド・プロデューサー小西貴雄(ウルトラマンギンガS音楽監修、中西圭三広瀬香美他)の完全書き下ろしによるPinkish初のラヴ・ソングを披露。 (C)RS[5]

収録曲[編集]

  1. 恋のカラフルパレット
    • 作詞:安藤貴子、Pinkish / 作曲・編曲:小西貴雄
  2. ふる里
    • 作詞:安藤貴子、Pinkish / 作曲・編曲:小西貴雄
  3. 恋のカラフルパレット(Instrumental)
  4. ふる里 (Instrumental)

クレジット[編集]

  • Sound Producer : Takao Konishi
  • Musician : Yasuo Asai (Guitar)
  • Mixing & Recording Engineer: Go Katsuura
  • Mastering Engineer : Tom Coyne (Sterling Sound)
  • Director : Go Katsuura
  • Assistant Director : Takako Ando (ZERO-9)
  • Sales Promotion : Rika Saito (moontracks)
  • Artist Management : Shigeru Kawata
  • Art Direction & Design : Junichi Nakayama
  • Photographer : Yuji Tsunokami
  • Hair & Make-up : Hironori Sugiyama (pink), Anna Nakane (pink)
  • Styling : Pinkish, Takako Ando, Yoko Yamada
  • Executive Producer : Shigeki Ishikawa (ZERO-9)
  • Special Thanks : 中西圭三, ЯIRE, 小菅洋一 (イオンモール羽生), 小林辰也, Masako Nakanishi (Sterling Sound), 埼玉県庁, 加須市役所, 加須市商工会, 加須市商工会青年部, 埼玉県商工会青年部連合会, 小倉電子企業社 (台湾), Team ZERO-9, Pinkish's Family, & いつも応援してくれるみんな

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 外は台風、部屋はひだまり 〜Pinkish〜”. アイドルソング自由帳. ニフティ (2015年8月31日). 2015年11月17日閲覧。
  2. ^ 2014年8月6日発売 ZERO-9 Disk CD:ZNCL-0004 "恋のカラフルパレット" 歌詞カード
  3. ^ Pinkish「ふる里」MV”. zero9channel. YouTube (2015年1月12日). 2015年11月17日閲覧。
  4. ^ 2014年8月6日発売 ZERO-9 Disk CD:ZNCL-0004 "恋のカラフルパレット" 帯
  5. ^ 恋のカラフルパレット Single, Maxi”. アマゾンジャパン (2014年8月6日). 2015年11月17日閲覧。