恋人時代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
恋人時代
長渕剛シングル
初出アルバム『FROM T.N.
B面 「Hurry Up」
リリース
規格 7インチレコード
ジャンル ポピュラー
時間
レーベル 東芝EMI/エキスプレス
作詞・作曲 長渕剛
プロデュース 長渕剛
チャート最高順位
長渕剛 シングル 年表
花いちもんめ
1982年
恋人時代
1983年
GOOD-BYE青春
(1983年)
FROM T.N. 収録曲
テンプレートを表示

恋人時代」(こいびとじだい)は、日本のシンガーソングライターである長渕剛の10枚目のシングル曲である。

オリジナルアルバムには収録されず、ベストアルバム『FROM T.N.』(1983年)にて初収録された。

オリコンチャートでは最高位31位となった。

音楽性[編集]

過去の恋愛を振り返り思い出している描写がある曲。

音楽情報サイト『CDジャーナル』では、「歌謡曲テイストのポップ・ナンバー。かつて恋人と過ごした喫茶店でコーヒーを飲みながら当時を思い起こす切ない歌」と表記されている[1]

リリース[編集]

1983年4月1日東芝EMIのエキスプレスレーベルよりリリースされた。

AB両面ともオリジナルアルバム未収録となった。

アートワーク[編集]

長渕の全シングルの中で、唯一ジャケットに本人が写っていない。

批評[編集]

専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
CDジャーナル肯定的[1]

音楽情報サイト『CDジャーナル』では、「“ダイヤル回す”など、時代を感じさせる歌詞と長渕剛のポップで歯切れの良い歌いまわしが特徴的」と評されている[1]

チャート成績[編集]

オリコンチャートでは最高位31位、登場回数15回となり、売り上げ枚数は6.8万枚となった。

ライブ・パフォーマンス[編集]

1983年5月2日に同曲で音楽番組夜のヒットスタジオ』(1968年 - 1985年、フジテレビ系列)に初出演した[2]。前年のコンサートツアーで、歌謡番組への出演に意欲的な意向を示しており、その意向を汲む形で同番組に初めて顔を出すこととなった。

6月にはバラエティ番組オールナイトフジ』(1983年 - 1991年、フジテレビ系列)に初出演し、同曲の他に「いかさまだらけのルーレット」、「冷たい外国人」、「Don't Cry My Love」を演奏した。

後年ライブで演奏される事は全くなかったが、2009年12月6日に静岡市民文化会館にて開催された「Tsuyoshi Nagabuchi Acoustic Live 30th Anniversary」にて演奏された[3]

シングル収録曲[編集]

全作詞・作曲: 長渕剛。
#タイトル作詞作曲・編曲編曲時間
1.恋人時代長渕剛長渕剛瀬尾一三、長渕剛
2.Hurry Up長渕剛長渕剛長渕剛
合計時間:

収録アルバム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 長渕剛 / シングルスvol.1(1978~1982) [2CD]”. CDジャーナル. 音楽出版. 2019年1月20日閲覧。
  2. ^ わらべ原田知世もこの日の放送が初登場であった。
  3. ^ 恋人時代/長渕剛の演奏されたライブ・コンサート”. LiveFans. SKIYAKI APPS. 2019年1月20日閲覧。