恋愛小説 (2004年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

恋愛小説』(れんあいしょうせつ)は、2004年3月14日WOWOWドラマW」で放送されたテレビドラマである[1]原作金城一紀の『対話篇』に収録の中編小説「恋愛小説」。制作プロダクションのROBOTが初めてテレビドラマ製作に進出したことも話題になった[1]

2004年6月19日から8月13日まで、ドラマW作品では初めて劇場公開された[1][2]

あらすじ[編集]

恋人の美和と喧嘩別れしたばかりの法学部4年生の宏行は、学校の帰り道、同じ大学に通う聡史から声をかけられ、奇妙なことを依頼される。自分の遺言書を作りたいというのだ。自らを“死神”と呼ぶ聡史は不思議な過去を語り始める。

たった独りで豪邸に住む聡史は、11歳の誕生日から1か月の間に親しかった3人の友人と両親を相次いで亡くし、周りから“死神”と呼ばれて忌み嫌われる。塞ぎこむ聡史を引き取ってくれた叔母・千夏も、やっと打ち解けたと思った直後にこの世を去ってしまう。それからのちは完全に心を閉ざして生きてきたが、大学生になってからひょんなことから瑞樹と出会う。親しげに接してくる瑞樹を避けたい聡史は自分の過去を話すが、そんなことには構わない自由奔放な瑞樹と、やがて恋人関係になる。しかし、ひと夏を越して秋になったころ、瑞樹が入院する。再び過去に怯える聡史は別れようとするが、瑞樹は病院に会いに来ることを求めるのだった。人を愛したいのに愛することができない聡史が、たった1度だけ経験した悲しい恋愛の顛末。

瑞樹が亡くなってもうすぐ1年、聡史の自殺を予感した宏行は、聡史の大量の薬を密かに処分して、もう一度美和と話をしようと思っていた。

そして、聡史は、瑞樹からのたくさんのメッセージを見つけていた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 金城一紀(中編小説集『対話篇』より「恋愛小説」)
  • 監督 - 森淳一
  • 脚本 - 坂東賢治
  • 音楽 - 佐藤直紀
  • 撮影 - 小宮山充
  • 美術 - 安宅紀史
  • 編集 - 石川浩通
  • 照明 - 保坂温
  • 装飾 - 天野竜哉
  • 録音 - 横溝正俊
  • 助監督 - 足立公良
  • 企画 - 青木泰憲堀部徹
  • プロデューサー - 松橋真三、守屋圭一郎
  • 制作 - ROBOT
  • 製作・配給 - WOWOW

関連商品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 恋愛小説”. オリジナルドラマ. WOWOW. 2013年7月2日閲覧。
  2. ^ ドラマW『恋愛小説』 (PDF)”. WOWOWオリジナルドラマ・プロジェクト. WOWOW (2004年9月17日). 2014年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月2日閲覧。